Windows 10でファイル履歴をオンまたはオフにする方法

「ファイル履歴」を使用すると、保存するように選択した場所にスケジュールに従ってファイルを自動的にバックアップできます。オリジナルが失われたり、損傷したり、削除されたりした場合は、元に戻すことができます。ファイルのさまざまなバージョンを表示して復元することもできます。

バックアップの場所として選択されたドライブが使用できなくなった場合、ファイル履歴は引き続き機能し、コピーをローカルドライブのキャッシュに保存します。バックアップストレージが再び利用可能になるとすぐに、キャッシュされたコンテンツはこのストレージに転送され、ローカルディスクから削除されます。

今日は、Windows 10でファイルバックアップのファイル履歴を有効または無効にする方法を見ていきます。

オプションでファイル履歴を有効または無効にする

1. [スタート]メニューを開き、[設定](Win + I)に移動します。

2. [更新とセキュリティ]に移動します=> [バックアップサービス] => [自動ファイルバックアップ]の横にあるスイッチをクリックして[オン]にします。(ファイル履歴を有効にする場合)または「オフ」(ファイル履歴をオフにする場合)。

3. [その他のオプション]をクリックして、バックアップするタイミングと含めるフォルダを変更できます。

コントロールパネルでファイル履歴を有効または無効にする

1.「コントロールパネル」を開きます

2.ビューを「小さいアイコン」に変更し、「ファイル履歴」に移動します。

3. [有効](ファイル履歴を有効にする)または[無効](ファイル履歴を無効にする)をクリックします。

今日はこれですべてです。頑張ってください🙂