Windows 10でシステムの復元ポイントを作成する方法

この記事では、いつでもWindows 10でシステムの復元ポイントを手動で作成する方法について説明します。

Windowsは、新しいアップデートやアプリケーションのインストールなどの重要なシステムイベントの前に、復元ポイントを自動的に作成します。システム復元ポイントはいつでも自分で作成できます。

システム設定でシステム復元ポイントを手動で作成する

1.検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rボタンで呼び出される)にSystemPropertiesProtectionと入力し、   Enterキーを押します。

2.システムの復元ポイントを作成するには、ディスクの「保護オプション」を有効にする必要があります。ディスクの横が無効になっている場合は、最初にディスクを選択して[構成]をクリックする必要があります。

3. [システム保護を有効にする]の横のチェックボックスをオンにし、スライダーを使用して、システムの復元ポイントに使用できるディスク容量を選択します。「OK」をクリックします。

4. 「作成」をクリックします。

5.作成した復元ポイントの名前を考えて書き込み(ポイントの作成日時は、書き込んだ名前に自動的に追加されます)、[作成]をクリックします。

6.システムの復元ポイントの作成が開始され、数分待ちます。

7.復元ポイントが正常に作成されると、「復元ポイントが正常に作成されました」と表示されたら、[閉じる]をクリックします。

PowerShellを使用してシステムの復元ポイントを作成する

1.管理者としてPowerShellを開きます

2.  復元ポイントを作成するには、コマンド  Checkpoint-Computer -Description "Point name" -RestorePointType "Type"を使用します (タイプはAPPLICATION_INSTALL、APPLICATION_UNINSTALL、DEVICE_DRIVER_INSTALL、MODIFY_SETTINGSです)。例:Checkpoint-Computer -Description "Program Installation" -RestorePointType "APPLICATION_INSTALL"

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂