Windows 10の電卓

電卓は、通常の電卓の操作を模倣するMicrosoft Windowsコンポーネントです。今日の記事では、Windows 10で電卓を開くさまざまな方法について説明します。

電卓を開く

最初の方法:  検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rキーを押して実行)で  calcと入力し、Enterキーを押します。

2番目の方法:すべてのアプリケーションで「スタート」メニューに移動=>、「計算機」を見つけて開きます。

3番目の方法: エクスプローラーのアドレスバーに  calcと入力し、Enterキーを押します。

また、電卓を開くには、コマンドラインにcalcと入力するか、エクスプローラでパスC:\ Windows \ System32に移動 して、ファイルcalc.exeを開きます。

スタートメニューまたはタスクバーに電卓を固定する

検索バーにcalcと入力します(または「スタート」メニューに移動してすべてのアプリケーションで「電卓」を見つけます)=>「電卓」を右クリック=>「スタート」メニューにピン留めします-「スタートに固定」をクリックしますタスクバーに固定するには、「タスクバーに固定」をクリックします。

デスクトップにショートカット「電卓」を作成する

1.  デスクトップの何もない場所を右クリックし、[新規] => [ショートカット]を選択します。

2.  [オブジェクトの場所を指定してください] 行に%WinDir%\ System32 \ calc.exe と入力し、[次へ]をクリックします。

3. 「電卓」ショートカットの名前を入力し、「完了」をクリックします。

キーを割り当てて計算機を開く

まず、上記の手順を使用して計算機へのショートカットを作成します。

1.マウスの右ボタンで「電卓」ショートカットをクリックし、「プロパティ」に移動します。

2. [ショートカット]タブで、[ショートカット]フィールドにカーソルを置きます=>割り当てるキーに応じて、さらに2つのCtrlとAltが追加されます(つまり、Zキーを押した場合、Ctrl +キーを使用して計算機を開く必要があります。 Alt + Z、Y-を開くには、Ctrl + Alt + Yなどを使用する必要があります)。この例では、キーを押します  。ショートカットキーCtrl + Alt + Cが[ショートカット]フィールドに表示されます。[OK]をクリックします。電卓を開くには、キーボードショートカットのCtrl + Alt + Cを使用します

今日はこれですべてです。追加がある場合は、コメントに書き込んでください!あなたに幸せiness