コンテキストメニューに追加Windows 10をシャットダウン

Windows 10 Fall Creators Updateは、コンピューターをシャットダウンして再起動するときのコンピューターの動作をわずかに変更しました。これで、アプリケーションを閉じずにコンピュータをシャットダウンまたは再起動することを選択した場合、Windowsは、電源が入ったときにシャットダウン前に開いていたアプリケーションを再ロードします。つまり、コンピューターの以前の動作-シャットダウン(コンピューターの再起動)をクリックすると、開いていたアプリケーションが閉じてコンピューターがオフになり、次に電源を入れたときにアプリケーションを再度開く必要があります。また、新しい動作-コンピューターの電源をオフにした(または再起動した)場合、オンにするとすぐに開くシャットダウン時に閉じられなかったアプリケーション。

Alt + F4メニューを使用してコンピューターをオフにして、アプリケーションを再度開かないようにしたり、コンテキストメニューにコマンドを追加して、アプリケーションを再度開かなくても、いつでもコンピューターをオフにしたり再起動したりできます。今日の記事では、コンピューターのシャットダウンと再起動をコンテキストメニューに追加する方法について説明します。

1.アーカイブシャットダウンをダウンロードします。

2.ダウンロードしたアーカイブを解凍し、そこからファイルを実行します。このファイルは、コンピューターの完全なシャットダウンと完全な再起動のために、レジストリに値を追加します。必要に応じて、ファイルを右クリックして[編集]を選択する(または-メモ帳で開く)と、ファイルの内容を表示できます。

3. 2つのウィンドウで[はい]をクリックし、最後のウィンドウで[OK]をクリックして、レジストリに値を追加することを確認します。

デスクトップの何もない場所を右クリックすると、[シャットダウン]メニューが表示されます。これを使用すると、コンピュータの電源を切ったり、再起動したりできます。次回電源を入れたときには、アプリケーションは開きません。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂