Windows 10に新しい仮想デスクトップを追加する方法

今日は、Windows 10に新しい仮想デスクトップを追加する方法について説明します。

タスクビューはWindows 10の仮想デスクトップマネージャーで、複数の仮想デスクトップ間で開いているすべてのアプリケーションをすばやく切り替えることができます。仮想デスクトップは、コンピューター上のさまざまなタスクを視覚的に分離するのに役立ちます。また、プレゼンテーションで役立つので、さまざまなデスクトップでデモを準備できます。

キーボードを使用して新しい仮想デスクトップを追加する

キーボードでCtrl + Win + Dのキーの組み合わせを  押すと、すぐに新しい仮想デスクトップに転送されます。

タスクビューから新しい仮想デスクトップを追加する

1.アイコンから、またはキーボードのWin + Tabを押して「タスクビュー」を開きます(図を参照)。

2.「デスクトップの作成」をクリックします。

3.目的のデスクトップをクリックして移動します。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂