Windows 10でディスプレイがオフになるまでの時間を変更する

コンピュータが一定時間非アクティブになると、画面がオフになり、少し後にデバイスがスリープ状態になります。今日の記事では、Windows 10でディスプレイがオフになるまでの時間をさまざまな方法で変更する方法について説明します。

システムパラメータでディスプレイがオフになるまでの時間を変更する

1. [スタート]メニューを開き、[設定]に移動します。

2.  左側にある[システム] =>に移動し、右側にある[電源とスリープ] =>を開いて、何分(時間)何も操作しないと画面をオフにする時間を選択します。目的の設定を選択したら、[システム設定]ウィンドウを閉じます。

電源でディスプレイがオフになるまでの時間を変更する

1.検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rキーで起動)にコマンドpowercfg.cpl を  入力し、Enterキーを押します。

2.  左側で、「ディスプレイオフ設定」をクリックします。

。「ディスプレイをオフにする」の反対側で目的の時間を選択し、「変更を保存」をクリックします。

電源プランの詳細オプションでディスプレイがオフになるまでの時間を変更する

1. マウスの右ボタンで[スタート]メニューをクリックし、[実行]を選択します(またはキーボードのWin + Rキーを押します)=>コマンド  control powercfg.cpl ,, 1  を入力し、Enterキーを押します。

2.「画面」に移動=>「後に画面をオフにする」=>目的の時間を選択し、「OK」をクリックします。

コマンドラインでディスプレイがオフになるまでの時間を変更する

1.コマンドラインを開きます。 検索バーにcmd と入力してEnterキーを押す方法があります  。

2.  コンピュータがオンラインのときに画面オフになる前にタイムアウトを変更するには、コマンドpowercfg / SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 3c0bc021-c8a8-4e07-a973-6b14cbcb2b seconds7e秒   (単語を置き換える)を入力します。 ... 画面バッテリー電源でオフになる前にタイムアウトを変更するには、powercfg / SETDCVALUEINDEXコマンドSCHEME_CURRENT 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 3c0bc021-c8a8-4e07-a973-6b14cbcb2b7e秒   (ワードシャットダウンを置き換える)秒を使用します。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂