Windows 10にログインできない場合は、管理者権限を持つ新しいユーザーを作成します

Windowsパスワードを忘れて、ログインして変更できる管理者アカウントが他にない場合はどうなりますか?WindowsPEを使用して起動し、ローカルアカウントのパスワードをリセットできます。リカバリディスクまたはインストールディスクを使用して組み込みの管理者アカウントを有効にする=>その下のシステムにログインし、パスワードをリセットするか、他の必要なアクションを実行できます。今日の記事では、別の方法について説明します。ログインできない場合は、リカバリディスクまたはインストールディスクを使用して別の管理者アカウントを作成します。

この手順を完了するには、512MBのフラッシュドライブまたはディスクが必要です(Cd-Rも適しています)。

1.最初と2番目のどちらでもない場合は、インストールディスクまたはリカバリディスクが必要です。システム回復用のディスクを作成する方が高速です。ログインに問題のないコンピューターにUSBフラッシュドライブを挿入します=>検索バーに書き込みディスクを作成し、見つかった結果から[リカバリディスクを作成]を選択します(USBフラッシュドライブではなくディスクを挿入し、そこからパスワードを回復したい場合は、作成せずに書き込みますディスク、およびrecdiscと  Enterキー を押します。

2. [システムファイルをリカバリディスクにバックアップする]チェックボックスをオンにする必要はありません。次へをクリックします。

3.利用可能なディスクで、USBフラッシュドライブを選択し、[次へ]をクリックします。

4.必要なものがなければ、フラッシュドライブからすべてが削除されます。必要なものがあれば、[作成]をクリックするだけです。まず、どこかにすべてをコピーしてから、[作成]をクリックします。

5. 「完了」をクリックし、USBスティックを引き出します。

6.パスワードをリセットするコンピューターにディスクまたはフラッシュドライブを挿入し、パスワードをオフにします。次に、コンピューターの電源を入れて、フラッシュドライブ(ディスク)からの起動を選択する必要があります。コンピューターによっては、コンピューターの電源を入れるときにEscキーを押すと、起動メニュー(起動する場所から選択する)が表示されます。他のコンピューターでは、電源を入れるときにF11を押す必要があります。コンピューターの電源が入っているときにどのキーを押すかわからない場合は、起動するデバイスを選択するためのウィンドウが表示されます。BIOSの起動方法とUSBフラッシュドライブからの起動を選択する手順でデバイスを見つけます。多くの場合、コンピューターの電源を入れると、どのボタンを押してデバイス選択メニューを表示するかが書かれています。選択メニューが表示されたら、フラッシュドライブ(ディスク)を選択してEnterキーを押します。

7.  選択が正しく行われている場合- 起動するための任意のキーを押し て碑文が  表示され、ドットがある場合は、キーボードの任意のキーを押す必要があります。押す時間がない場合-インストールされているWindowsが起動し、コンピューターを再起動してディスクから起動を選択する必要があります(フラッシュドライブ)。

8.リカバリディスクを使用している場合は、マウスまたはキーボードの矢印を使用して、説明を表示する言語を選択します。インストールディスクを使用している場合-「インストール」と表示されたウィンドウが表示されたら、Shift + f10キーを押します(このキーの組み合わせでコマンドラインを開きます)。

9.「トラブルシューティング」を選択します。

10.  「コマンドプロンプト」を選択します。

11.最初に、コマンドプロンプトで  diskpart と入力してEnterキーを押し、  List volume と入力してもう一度Enterキーを押します。利用可能なすべてのドライブのリストが表示され、Windowsがインストールされているドライブのサイズがわかり、その文字が思い出されます。たとえば、Windowsがインストールされているディスクの容量は116 GBですが、ここではFという文字の下にあります。 

12.コマンド  exit を入力して、Enterキーを押します。

13.次に、赤で強調表示された文字を自分の文字(11番目の段落で覚えている)に置き換えてEnterキーを押すコマンドを入力する必要があります    その結果、移動f:\ windows \ system32 \ utilman.exe f:\ windows \ system32 \ utilman.exe.bak 「Moved files 1」と書いてください。これにより、ログイン画面のユーザー補助アイコンをコマンドラインに変更します。

14. (あなたは11日の段落で思い出した)自分自身と赤でハイライト表示されている文字を置き換えるコマンドを入力します。fをコピー:\ WINDOWS \ SYSTEM32 \ cmd.exeのF:\ウィンドウが\ SYSTEM32 \ utilman.exeと入力し、Enterを押します。

15. wpeutil rebootコマンド  を入力してEnterキーを押すと、コンピューターはこのコマンドで再起動します。

16. USBフラッシュドライブまたはリカバリディスクを引き出すことができます。 コンピューターが起動してログイン画面が表示され、[ユーザー補助]アイコンを左クリックします。すべてを正しく実行すると、コマンドラインが開きます。

17. net user username / add コマンドを使用して新しいアカウントを追加します  「Username」を、新しいユーザーに付けたい名前に置き換えます。たとえば、ADユーザーを追加するため、net user AD / add  コマンド  を入力してEnterキーを押します。

18.コマンド  net localgroup Administrators username / addを入力し、「username」を17番目のステップで入力した名前に 置き換えます。つまり、17番目の段落でADという名前のユーザーを追加した場合、コマンドをnet localgroup AD / add Administrators と記述してEnterキーを押す必要があります  。このコマンドを使用して、ユーザーをAdministratorsグループに追加します。コマンドが正常に完了したら、コンピューターを再起動します。

追加:ビルトインの管理者アカウントを有効にするだけの場合は、2つのコマンドの代わりに、1つのネットユーザーAdministrator / active:yesを実行でき  ます。

19.ログイン画面の左下に、17番目と18番目の段落に追加されたユーザーが表示されます。マウスの左ボタンでクリックして、その下のシステムに入ります。

次に、このコンピューターのローカルユーザーのパスワードを変更したり、その他のアクションを実行したりできます。今日はこれですべてです。何か追加がある場合は、コメントを書いてください!がんばって🙂