Windows 10アダプティブブライトネスをオフにする方法

一部のデバイスディスプレイは、環境光センサーを使用して環境光レベルを検出する場合があります。周囲光センサーを使用する適応型調光機能は、周囲光の変化を監視し、必要に応じて、周囲光に合わせてディスプレイの輝度を自動的に調整します。この機能は便利ですが、場合によってはディスプレイが暗くなりすぎて、誰もが気に入らないことがあります。

今日の記事では、Windows 10でアダプティブブライトネスを有効または無効にする方法について説明します。

電力管理で適応輝度を有効または無効にします。

1.マウスの右ボタンで[スタート]メニューをクリックし、開いたメニューから[電源の管理]を選択します(コントロールパネルを使用することもできます)。

2.ポイントはアクティブな電源プランにあり、この電源プランの適応輝度設定を変更します-次に[電源プラン設定]をクリックします。

3. [詳細な電源設定の変更]を開きます。

4.「ディスプレイ」を開きます(その隣のプラスを左クリックします)=>「適応型輝度制御を有効にする」を開きます。[オンバッテリーと接続済み]の横の適応型輝度をオンまたはオフにします。次に[OK]をクリックしてすべてのウィンドウを閉じます。

コマンドラインでアダプティブブライトネスをオンまたはオフにする

1.コマンドラインを開きます:方法の1つ-マウスの右ボタンで[スタート]メニューをクリックし、開いたメニューから[コマンドライン]を選択する必要があります。

2.  アクティブな電源プランの設定。必要なものに応じて、次のいずれかのコマンドを入力し、Enterキーを押します。

デバイスがバッテリーで動作しているときに適応輝度を無効にするには、コマンド  powercfg -setdcvalueindex SCHEME_CURRENT 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 FBD9AA66-9553-4097-BA44-ED6E9D65EAB8 0を入力します

デバイスが接続されているときに適応輝度を無効にするには、コマンド  powercfg -setacvalueindex SCHEME_CURRENT 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 FBD9AA66-9553-4097-BA44-ED6E9D65EAB8 0を入力します

デバイスがバッテリーで動作しているときに適応輝度を有効にするには、コマンド  powercfg -setdcvalueindex SCHEME_CURRENT 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 FBD9AA66-9553-4097-BA44-ED6E9D65EAB8 1を入力します

デバイスが接続されているときに適応輝度を有効にするには、コマンド  powercfg -setacvalueindex SCHEME_CURRENT 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 FBD9AA66-9553-4097-BA44-ED6E9D65EAB8 1を入力します

変更を適用するには、コマンド入力  POWERCFG -SETACTIVE SCHEME_CURRENT 入力し、Enterキーを押します。

3.特定の電源プランの設定。コマンドプロンプトでpowercfg / L と入力し、Enterキーを押します。これにより、既存の電源プランが表示されます。アスタリスクはアクティブなアスタリスクの隣に表示されます。図では、各回路の識別子が赤で強調表示されています。

次に、リストされたコマンドから必要なものを選択し、コマンド内の電源プラン識別子を構成するものに変更し、コマンドの最後に、番号の代わりに  適応輝度を有効にする場合は  1を、  無効にする場合は0を入力します。

バッテリー電源:powercfg -setdcvalueindex Identifier 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 FBD9AA66-9553-4097-BA44-ED6E9D65EAB8 Digit

デバイスが接続されている場合:  powercfg -setacvalueindex Identifier 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 FBD9AA66-9553-4097-BA44-ED6E9D65EAB8 Digit

必要に応じてコマンドを変更し、コマンドラインに貼り付けてEnterキーを押します。たとえば、powercfg / L  コマンドを使用して「高パフォーマンス」プランを構成したいのですが  、このプランの識別子が  8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635cであることがわかり ました。この電源プランのアダプティブブライトネスを無効にするには、コマンドラインで  powercfg- setacvalueindex 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 FBD9AA66-9553-4097-BA44-ED6E9D65EAB8 0と入力してEnterキーを押し ます。

変更を有効にするためにコンピュータを再起動します。また、再起動する代わりに、Powercfg -SETACTIVEコマンドを使用することもできます     このコマンドに追加した識別子を持つ電源プランがアクティブになる、つまりコンピューターがそれを使用し始めることに注意してください。

今日はこれですべてです。何か追加がある場合は、コメントを書いてください!がんばって🙂