Windows 7、8、および10でChkdskのハードドライブの問題を修正する方法

今日の記事では、組み込みのWindowsディスクチェッカーツールについて説明します。

チェックディスクユーティリティは、ハードドライブをスキャンして問題を見つけ、修正します。このツールは使用するのが難しくなく、いくつかの問題を解決し、将来のデータ損失を防ぐのに役立ちます。ディスクチェック(Chkdsk)は、起動に応じていくつかの機能を実行します。

  • ディスクボリューム上のファイルシステムの整合性とメタデータをスキャンし、ファイルシステムで検出された論理エラーを修正します。エラーには、破損したマスターファイルテーブル(MFT)エントリ、不正なファイル関連のセキュリティ記述子または歪んだタイムスタンプ、または個々のファイルに関するファイルサイズ情報が含まれます。
  • ディスクボリューム上のすべてのセクターをスキャンして、不良セクターを探すことができます。不良セクタは、データの書き込み不良、またはディスクへの物理的な損傷が原因で発生する可能性があります。ディスクチェック(Chkdsk)は、不良セクタの不良書き込みを修正し、物理的に不良不良セクタにマークを付けて、将来使用されないようにします。

多くのリソースは、定期的なメンテナンスのために数か月ごとにディスクチェック(Chkdsk)を実行することを推奨しています。また、クラッシュまたは停電後にコンピュータが再起動した場合は、Chkdskを実行することをお勧めします。Windows自体がこのユーティリティを起動することもありますが、これはまれです。

ディスクチェック(Chkdsk)は、すべてのバージョンのWindowsでほぼ同じように機能します。

Windowsからディスクをチェックする方法。

必要なドライブを確認するには:エクスプローラーを開く=>確認するドライブを右クリックし、[プロパティ]を選択します。

「エラーのチェック」の下の「サービス」タブで、「チェック」をクリックします。Windows 7では、すべてが同じ方法で行われ、「チェック」の代わりに「チェック」をクリックする必要があります。

Windows 8および10では、「ディスクチェックは不要です。このディスクにエラーは見つかりませんでした。」と表示される場合があります。ウィンドウを閉じるか、「ディスクのチェック」をクリックしてスキャンを実行できます。まず、コンピュータを再起動する必要なく、修復を試みずにチェックが行われます。エラーが見つかった場合は、問題を修正するための再起動オプションが提供されます。

エラーが見つからない場合は、ウィンドウに「ディスクは正常にチェックされました。Windowsはディスクの検証に成功しました。エラーは見つかりませんでした。」というメッセージがポップアップ表示されます。閉じるをクリックします。

Windows 7では、[チェックの実行]をクリックすると、追加のチェックディスクオプションを選択するよう求められます。システムエラーを自動的に修正し、不良セクターをチェックして修復します。不良セクタの回復を伴うフルスキャンを実行するには-両方のオプションをチェックして、[開始]をクリックします。

「不良セクターの確認と修復」を選択した場合-ディスクの使用中にWindowsが確認できないため、再起動が必要になります。コンピュータの再起動後に「ディスクチェックのスケジュール」を選択してチェックを開始します。「キャンセル」をクリックしてチェックをキャンセルすることもできます。

コンピュータを再起動した後、ディスクチェックが開始され、時間がかかる場合があります。

スケジュールされたディスクチェックをキャンセルする方法。

コマンドラインから、コンピューターの再起動後にディスクチェックがスケジュールされているかどうかを確認できます。コマンドを使用して、または再起動後、スキャンを開始する前にスキャンをキャンセルすることもできます。以下でその方法を説明します。

再起動後にチェックがスケジュールされているかどうかを確認するには、コマンドプロンプトを開き、[スタート]メニューを右クリックして[コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。

chkntfs c: コマンド  を入力して、Enterキーを押します。再起動後にチェックの開始がスケジュールされている場合は、「Chkdskの開始はボリュームCに手動で割り当てられました:次の再起動時に」という文字が表示されます。

次回のコンピューターの再起動時にチェックがスケジュールされている場合は、chkntfs / xc:コマンドを入力してEnterキーを押すことにより、チェックをキャンセルできます  。チェックは予告なしにキャンセルされます。

コンピュータの再起動後、起動する前に、定期スキャンをキャンセルすることもできます。つまり、コンピューターの電源を入れて、チェックが始まり、時間のカウントダウンが始まっていると書いた場合、Xキーを押すとキャンセルできます。 

コマンドラインでChkDskコマンドを使用する方法。

Windowsシステム自体と、システムが起動しない場合の追加の起動オプションの両方で、コマンドラインを使用してディスクチェックを開始することができます。

コマンドラインを実行してChkDskコマンドを実行すると   、エラーの検索が開始され、結果としてエラーが報告されますが、ユーティリティは何も修正しません。

スキャン中にファイルシステムの論理エラーを復元する場合は、chkdsk / fc  コマンドを実行する必要があり  ます。読み込まれたWindowsからこのコマンドを実行すると、再起動後にスキャンをスケジュールするように求められます。

ディスクに不良セクタがないか確認する場合は、chkdsk / rcコマンドを実行します  。 

チェックにchkdsk / rコマンドを使用する場合-より徹底的なチェックが行われるため、定期的に実行することをお勧めしますが、最も時間がかかります。

chkdskを実行するための他のオプションもあります。

C:\ WINDOWS \ system32> chkdsk /?

ディスクチェックとレポート出力。

CHKDSK [ボリューム[[パス]ファイル名]]] [/ F] [/ V] [/ R] [/ X] [/ I] [/ C] [/ L [:サイズ]] [/ B] [/スキャン] [/スポットフィックス]

ボリュームドライブ文字(コロンが後に続く)、マウントポイント、またはボリューム名。

filename断片化をチェックするファイル(FAT / FAT32のみ)。

/ Fディスクのエラーを修正します。

/ V FAT / FAT32の場合:ディスク上の各ファイルの絶対パスと名前を表示します。NTFSの場合:クリーンアップメッセージ(存在する場合)を表示します。

/ R不良セクターを検索し、残っている情報を回復します(/ scanが指定されていない場合は/ Fが必要です)。

/ L:サイズNTFSのみ:ログファイルのサイズ(KB単位)を設定します。

サイズを指定しない場合は、現在の値が表示されます。

/ Xボリュームを事前にマウント解除します(必要な場合)。

このボリュームのすべてのオープン記述子は無効になります(/ Fが必要)。

/ I NTFSのみ:インデックスエントリに対してそれほど厳密でないチェックを実行します。

/ C NTFSの場合のみ:フォルダー構造内のループのチェックをスキップします。

/ B NTFSの場合のみ:ボリューム上の不良クラスターを再評価します(/ Rが必要)。

/ NTFSのみをスキャン:ボリュームの先読みスキャンを実行します。

/ forceofflinefix NTFSの場合のみ( "/スキャン"と共に使用する必要があります):オンライン復元をキャンセルします。検出された問題はすべてオフライン修復のキューに入れられます(たとえば、「chkdsk / spotfix」)。

/ perf NTFSのみ( "/ scan"と一緒に使用する必要があります):より多くのシステムリソースを使用して、より高速にスキャンを実行します。これは、システムで実行されている他のタスクのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

/ spotfix NTFSのみ:ボリュームのバグを点的に修正します。

/ sdcleanup NTFSのみ:不要なセキュリティ記述子データをガベージとして収集します(/ Fが必要)。

/ offlinescanandfixボリュームのオフラインチェックと修復を開始します。

/ freeorphanedchains FAT / FAT32 / exFATのみ:孤立したクラスターチェーンの内容を復元する代わりに解放します。

/ markclean FAT / FAT32 / exFATのみ:/ Fが指定されていなくても、破損が見つからなかった場合、ボリュームをクリーンとしてマークします。

/ Iまたは/ Cオプションは、一部のボリュームチェックをスキップすることにより、Chkdskの実行時間を短縮します。

うまくいけば、Chkdsk機能がハードドライブの問題の修正に役立つことを願っています。追加がある場合、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂