Windows 10のロック画面を無効にする方法

Windows 10をバージョン1607に更新した後、多くのユーザーは、グループポリシーやレジストリエディターでロック画面をオフにできないと書いています。しかし、同じ記事では、まだ機能するユーティリティを使用してロック画面を無効にする方法を検討しました。今日は、ロック画面を無効にする方法をさらに追加します。

画面ロックを無効にする方法(起動時を除く)

最も簡単な方法ですが、ロック画面を完全になくすわけではありません。この方法に従うと、コンピューターの電源を入れたときにだけ画面がロックされ、スリープ後は画面が表示されません。

1.  エクスプローラーを開き、パスC:\ Windows \ SystemApps をたどり   ます(最初にCドライブを開き、次にWindowsフォルダーを開いてSystemAppsに移動するか、C:\ Windows \ SystemAppsをアドレスバーに貼り付けてEnterキーを押します)。

2. Microsoft.LockApp_cw5n1h2txyewyフォルダーを見つけます=>右クリックして、メニューから[名前の変更]を選択し、末尾に番号を追加して、Enterキーを押します。(たとえば、Microsoft.LockApp_cw5n1h2txyewy1)。

これで、Windows 10はロック画面を読み込めなくなり、すぐにログイン画面が開きます。残念ながら、この方法では、コンピューターの電源を入れてもロック画面は削除されませんが、スリープ後およびコンピューターのロック後にはロック画面が削除されます。

ロック画面に戻るには、パスC:\ Windows \ SystemApps =>に沿ってエクスプローラを通過します。マウスの右ボタンでMicrosoft.LockApp_cw5n1h2txyewy1をクリックします=>名前を変更=>で、上記で追加した番号を削除します。その後、スリープ後およびコンピュータをロックした後、ロック画面が再び表示されます。

システム起動時にロック画面をスキップする方法(自動ログイン)

システムの起動時にロック画面を表示せず、パスワードを入力せずにアカウントに自動的にログインする場合は、次の手順を実行します。

1。検索バーまたはメニューの「実行」(Win + Rホットキーを実行)で  netplwizと入力し、Enterキーを押します。

2.ログインするユーザーの左マウスボタンをクリックし、強調表示した後、[ユーザー名とパスワードの入力を要求する]ボックスをオフにします。

。ログインに使用するパスワードを2回入力し、[OK]をクリックします。

これで、自動的にアカウントにログインします。つまり、コンピューターの電源を入れたときに、ロック画面が正面に表示されず、アカウントのパスワードを入力する必要もありません。コンピュータの電源を入れると、デスクトップがすぐに読み込まれます。他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂