Windows 10で自動再生を有効化、無効化、および構成する方法

ディスク、メモリカード、USBフラッシュドライブ、またはその他のメディアをコンピューターに挿入すると、ポップアップウィンドウが開き、アクションのオプションが表示されます。以前は、自動実行が有効になっていたため、フラッシュドライブからのウイルスがコンピューターに侵入しましたが、このような問題が発生する頻度は減りましたが、除外されていません。何らかの理由で自動実行を無効にしたい場合-Windows 10では非常に簡単です。今日の記事では、さまざまな方法で自動実行を完全に無効にする方法、有効にする方法、またはメディアの種類ごとに自動実行を構成する方法について説明します。

オプションで自動再生を有効または無効にする

スタートメニュー=>オプションに移動します。

デバイス。

[自動実行]タブに移動し、[すべてのメディアとデバイスに自動実行を使用する]の反対側のスライダーを有効または無効にします。無効にすると、コンピューターに何かを挿入するたびにポップアップウィンドウが表示されなくなります。

自動実行を無効にしたり、デフォルトで特定のデバイスでのみ発生するアクションを設定したりすることもできます。

コントロールパネルを使用した自動再生の有効化または無効化

パラメータでは、リムーバブルメディアとメモリカードに対してのみアクションを構成できます。異なる種類のメディアに対してさらに設定が必要な場合は、コントロールパネルを使用する必要があります。コントロールパネルを開く方法の1つは、検索バーに「コントロールパネル」と書き込み、見​​つかった結果のエディションを選択することです。

「大きいアイコン」ビューを選択=>「自動再生」を開く

「すべてのメディアとデバイスに自動実行を使用する」の横のボックスをチェックして、自動実行を有効または無効にします。また、メディアのタイプごとに、デフォルトのアクションを設定できます。アクションを実行しないでください。フォルダを開いてファイルを表示します。毎回尋ねます。ストレージ設定を構成します。

このウィンドウには、すべてのタイプのメディアのリストがあり、それぞれについていくつかのアクションを個別に構成するか、「アクションを実行しない」を選択して、このタイプのデバイスの自動実行を無効にすることができます。

グループポリシーを使用して自動実行を無効にします。

Windows 10 Pro、Enterprise、またはEducationでは、グループポリシーで自動再生をオフにすることができます。このコンピュータの他のユーザーの自動実行を無効にする場合は、ログインしているユーザーの自動実行を無効にする方法を以下に示します。まず、「特定のユーザーのグループポリシーを構成する方法」の手順に従ってください。

検索バーまたは[実行]メニュー(Win + R キーを押して実行)で、コマンドgpedit.mscを入力してEnterキーを押します=>「コンピューターの構成」を開く=>「管理用テンプレート」=> Windowsコンポーネント=>自動実行ポリシー

右側にある[自動起動をオフにする]をダブルクリックし、[有効]チェックボックスをオンにします。デバイスにドライブがある場合-[自動実行を無効にする]項目で、[すべてのデバイス]または[CD-ROM]を選択できます

レジストリエディタで自動起動を無効にします。

レジストリを編集する前に、システムの復元ポイントを作成することをお勧めします。

1.レジストリエディターを開きます検索バーまたは実行メニュー(win + rを押して実行)でregedit と書き込み  、Enterキーを押します。

2.左側の列で、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ AutoplayHandlersに移動し  ます。左側には、選択しAutoplayHandlersのセクションを  、 右側に、開くためにマウスの左ボタンをダブルクリックしDisableAutoplayパラメータを 

3.値を0に 設定して  [OK]をクリックすると、自動実行機能が有効になります。

値を1に設定して  [OK]をクリックすると、自動実行機能が無効になります。

変更は、レジストリエディターを閉じた直後に有効になります。追加がある場合、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂