使用していないときにコンピューターを自動的にシャットダウンする

多くの場合、コンピューターを使用した後、コンピューターをオフにするか、スリープ状態にします。オフにするのを忘れた場合は、自動的に(構成されている場合)スリープ状態になります。アイドル時のコンピューターの自動シャットダウンを構成することもできます。今日の記事では、これを行う方法について説明します。

サードパーティのソフトウェアは使用しません。Windowsには非常に便利なタスクスケジューラツールがあり、数分でアイドル状態になったときにコンピューターのシャットダウンを設定できます。

アイドル時のコンピューターのシャットダウンを構成します。

1.検索バーで「タスクスケジューラ」と入力し、検索結果から選択します。

2.左側で[タスクスケジューラライブラリ]を選択し、右側で[タスクの作成]を左クリックします。

3.このタスクに任意の名前を入力し、[ログインしているユーザーに対してのみ実行]または[すべてのユーザーに対して実行]ボックスを完全に停止し、[最高の権限で実行]チェックボックスをオンにします。[構成]ボックスで、リストからWindowsのバージョンを選択します。

4. [トリガー]タブに移動し、[作成]をクリックします。

5.リストから[スケジュールどおり]を選択し、最適なシャットダウンスケジュールを構成します。「毎日」ボックスにチェックを入れて毎日繰り返すことができます。スケジュールを選択した後、「OK」をクリックしてください。

6. [アクション]タブに移動し、[作成]をクリックします。

7. [アクション]フィールドで[プログラムの開始]を選択し、[プログラムまたはスクリプト] フィールドでシャットダウン を書き込み  、[引数を追加]フィールドで/ Sを書き込みます 

/ S / F 引数を入力することもでき  ます。指定した時間に、警告なしに、実行中のすべてのアプリケーションのシャットダウンとクローズが行われます。「OK」をクリックします。

8. [条件]タブに移動し、[コンピュータがアイドル状態のときにタスクを実行する]チェックボックスをオンにして、コンピュータをオフにするまでの時間を設定します。ダウンタイムを予想する時間を設定し、必要なその他のパラメータを設定します。

9.  [パラメータ]タブに移動し、[実行に失敗した場合は後で再起動する]ボックスにチェックを入れて時間を指定し、再起動の試行回数も設定して、[OK]をクリックします。

これで、コンピュータの自動シャットダウンは、指定したスケジュールに従って機能します。タスクスケジューラでシャットダウンスケジュールをいつでも変更、停止、または完全に削除できます。作成したタスクを選択して[実行]をクリックし、その作業をテストすることもできます。

アドオンを持っているか、他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂