Windows 10で指定された非アクティブ時間が経過するとハードドライブを無効にする

[電源オプション]の[ハードドライブの電源を切る]機能を使用すると、指定した時間操作がないと、ハードディスクドライブ(HDD)の電源を切ることができます。アイドル状態の後でハードドライブを自動的にオフにすると、エネルギーを節約し、PCのバッテリーの寿命を延ばすことができます。今日は、Windows 10でアイドル状態になった後にハードドライブをオフにするオプションを変更する方法を見ていきます。

システム設定でアイドル後にハードドライブをオフにするオプションを変更します

1.「電源」を開きます:方法の1つ-検索バーまたはメニューの「実行」(Win + R)で、コマンドpowercfg.cpl を入力してEnterキーを押します。

2.選択した電源プランの横にある[電源プランの設定]をクリックします。

5.  [詳細な電源設定の変更]をクリックします。

6. [ハードディスク]をクリックします=> [後でハードディスクをオフにする] =>ハードディスクをオフにする非アクティブな時間を選択して、[OK]をクリックします。

コマンドラインでアイドル後にハードドライブを切断するオプションを変更します

1.コマンドプロンプトを開きます。

2.コマンドを入力し、秒単位のアイドル時間を目的の時間に置き換えて、Enterキーを押します。

バッテリー:powercfg / SETDCVALUEINDEX SCHEME_CURRENT 0012ee47-9041-4b5d-9b77-535fba8b1442 6738e2c4-e8a5-4a42-b16a-e040e769756e秒

ネットワークから:powercfg / SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT 0012ee47-9041-4b5d-9b77-535fba8b1442 6738e2c4-e8a5-4a42-b16a-e040e769756e秒

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂