フラッシュドライブからWindows 10、8、7をインストールする方法

すべての新しいラップトップまたはコンピューターにドライブが付属しているわけではなく、購入したハードウェアのほとんどにオペレーティングシステムが付属していません。したがって、USBフラッシュドライブからWindowsをインストールする必要があります。今日の記事では、USBフラッシュドライブからWindows 10、8、7をインストールする方法について説明します。

Windowsのインストールに必要なもの:

1. 4GB以上のサイズのフラッシュドライブが必要で、インストールフラッシュドライブの作成中に、そこからのすべてのデータが消えることを理解している

2. Windowsを再インストールし、最初からインストールしない場合-すべてのデータをセカンダリディスクまたは外部ストレージに保存します。つまり、デスクトップに写真があり、それをディスクD(またはクラウドストレージ)に転送します。ブックマークやブラウザ設定を保存することもできます。

3. Windowsイメージ、つまり、iso拡張子が付いたファイル、またはWindowsインストールディスクが必要です。

インストールフラッシュドライブを作成するプログラム

Windows 7および8でインストールUSBドライブを作成するためのさまざまなツールについては、「各オペレーティングシステム用の起動可能なUSBドライブとSDカードを作成する方法」の記事で前述しました。提案されているすべての方法の中で、汎用の方法を選択します。Rufusアプリケーションを使用して、Windows 10、8、7用のインストールUSBフラッシュドライブを作成できます(インストールするオペレーティングシステムのISOイメージがある場合)。

Rufusをダウンロードする=>このユーティリティを実行する=> USBフラッシュドライブを接続する(ディスクまたはsdカードを同じ方法で書き込むことができる)=> [デバイス]フィールドで、フラッシュドライブを選択する  => [ブート可能ディスクの作成]に対して選択する=>オペレーティングシステムのイメージファイルを検索するインストールする(iso拡張子を使用)=>選択し、[OK]をクリックして、メインウィンドウで[開始]を選択=>プロセスの終了を待ちます。

Windows 10が必要な場合は、Microsoftのユーティリティを使用してインストールドライブを作成できます。

USBフラッシュドライブからのWindows 10、8、7のインストール

インストール用のフラッシュドライブが手元にあるので、そこからコンピューターに読み込む方法を選択する必要があります。

1. Delキー(またはその他のキー)を使用してコンピューターの電源を入れるときは、BIOSまたはブートメニューに移動し、USBフラッシュドライブからのコンピューターの起動を選択します。

2.「cdまたはdvdから起動するには任意のキーを押してください」という碑文が表示されたら、ドットが表示されたらEnterキーを押します。

3.インストールに必要なファイルのコピーが開始されます。これらのアクションの後、ウィンドウが表示され、インストールを続行するための唯一のオプションは[今すぐインストール]をクリックすることです。

4.オファーの次のウィンドウで、「更新...」または「カスタム...」-「カスタム」をクリックします。システムを更新すると、不要な迷惑メールや設定がたくさん発生し、システムが正常に動作しなくなります。Windows 8および10にはリセットオプションがありますが、なぜ二重が機能するのですか?

5.新しいコンピュータを使用している場合は、インストール後にパーティションのサイズを変更できる場合は、すべてのパーティションを削除し、必要に応じて分割します。オペレーティングシステムがインストールされていて、新しいオペレーティングシステムをインストールする場合は、「システム予約」ディスクと、オペレーティングシステムがインストールされているパーティションを削除できます(ほとんどの場合、これはセクション2です)。再インストールする前にメインディックからデータを保存しましたか?これらのアクションの後、メインディスクのすべてが消えます🙂残りのディスクには触れない方が良いですが、それらに何もなく、コンピューター上のすべてを消去したい場合は、それを削除します。

次に、希望するサイズ(できればメインディスク用に少なくとも100GB)のパーティションを作成し、インストールを続行します。

また、オペレーティングシステムが既にインストールされている場合は、2つ(またはそれ以上)のバージョンのWindowsをインストールできます。

6.追加のインストール中に、コンピューターが数回再起動します。何もクリックする必要はありません。また、シリアル番号をお持ちの場合は、プロダクトキーの入力を求められることがあります。

7.次に、コンピュータ名、ユーザー名を入力し、接続に必要なネットワークを選択するように求められる場合があります。必要なものを選択して、[次へ]をクリックします。

8.目の前にデスクトップが表示されたら、コンピューターにドライバーをインストールする必要があります。

9.次に、メインプログラム(オフィス、アンチウイルスなど)をインストールする必要があります。

これらの手順が完了すると、新しいオペレーティングシステムが準備できます。追加がある場合-コメントを書いてください!がんばって🙂