Windows 10でコマンドプロンプトを起動する方法

Windows 10でコマンドプロンプトを開く方法は多数あり、それらのほとんどはオペレーティングシステムの他のバージョンで機能します。今日は、Windows 10でコマンドプロンプトを開くさまざまな方法について説明します。

Win + Xメニューからコマンドプロンプトを開く

Win + Xキーを押すか、スタートボタンを右クリックして、リストからコマンドラインを選択します。場合によっては、コマンドラインではなく、Win + XメニューにPowerShellツールが表示されます。指示に従ってコマンドラインに変更できます。

タスクマネージャーでコマンドプロンプトを開く

Ctrl + Alt + DelまたはCtrl + Shift + Escでタスクマネージャを開く=>「ファイル」に移動=>「新しいタスクを実行」

=> cmdまたは  cmd.exe を入力して[OK]をクリックします=>管理者として実行する場合-[管理者権限でタスクを作成]の横のボックスをオンにします。

タスクマネージャーでコマンドプロンプトを開きます。

Ctrl + Shift + Escキーを使用してタスクマネージャーを開く=> Ctrlキーを押したまま離さずに[ファイル]をクリックし、[新しいタスクを実行]をクリックします=>これらのアクションの後に、管理者に代わってコマンドラインが開きます

検索バーからコマンドプロンプトを開く

検索を開きます(タスクバーにない場合は、[スタート]メニューで見つけるか、Win + Sを押します)=>コマンドを入力  cmd => コマンドラインを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

すべてのスタートメニューアプリでコマンドプロンプトを開く

[スタート]メニューに移動=> [すべてのアプリケーション] => [システムツール] => [コマンドプロンプト](管理者として実行する場合-[コマンドプロンプト]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

ファイルを介してエクスプローラーからコマンドラインを開く

ショートカットから「エクスプローラ」を開くか、Win + Eキーを押して=>パスに移動C:\ Windows \ System32 \ => cmd.exeファイルを検索  =>  管理者として実行する場合は、右クリック=>選択"管理者として実行"。

実行してコマンドプロンプトを開く

Win + Rキーを押して、表示されたウィンドウにcmd  => と入力し、  [OK]をクリックします。

ファイルエクスプローラーでアドレスバーを使用してコマンドプロンプトを開く

「エクスプローラー」を開き、アドレスバーにコマンド  cmd = >と入力してEnterキーを押します。

[ファイル]メニューを使用してコマンドラインを開く

「エクスプローラ」に移動=>任意のフォルダまたはドライブを開く=>左上の「ファイル」をクリック=>「コマンドラインを開く」=>リストから必要なものを選択:

  • 「コマンドラインを開く」-このフォルダーにユーザー権限でコマンドラインを開きます。
  • 「コマンドプロンプトを管理者として開く」-管理者権限でこのフォルダにコマンドプロンプトを開きます。

エクスプローラーでコマンドウィンドウを開く

フォルダ内のコマンドラインを開くには、Shiftキーを押したまま、目的のフォルダまたはドライブを右クリックし、表示されるウィンドウで[>コマンドウィンドウを開く]を選択します。

デスクトップにコマンドラインショートカットを作成する

デスクトップの何もない場所で右クリックし、[新規] => [ショートカット]を選択します。

「オブジェクトの場所を指定する」フィールドにcmd.exe と書き込み  、「次へ」をクリックします。

ショートカットの名前を付けて(後で名前を変更できます)、[完了]をクリックします。

このショートカットのコマンドラインを管理者として開く場合-ショートカットを右クリック=> [プロパティ]を選択=> [詳細] => [管理者として実行]の横のボックスをオンにして[OK]をクリックします。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂