Windows 10でスクリーンショットを撮る方法

Windows 10には、スクリーンショットまたは別のウィンドウを取得するための多くのオプションがあり、今日の記事ではそれらすべてを取り上げます。

画面全体のスナップショットを取り、ファイルに保存します

Windows 10では、画面全体のスクリーンショットを撮る非常に簡単な方法があります。2つのキーを押して、フォルダーから画面イメージをpng拡張子のファイルとして取得します。画面にあなたが撮影したいものがある場合-プレス勝利の鍵を  して、押して押したまま、再びPrtScキーを、 キーを離します。

一部のデバイスにはFnキーがあり、スクリーンショットを撮るには、2つのキーではなく3つのWin + Fn + PrtScを押す必要があります。

キーを押すと、画面が点滅し、C:\ Users \ username \ Pictures \ Screenshots \ (C:\ users \ username \ Pictures \ Screenshots \)フォルダーにあるスクリーンショットを撮ることができます 

ファイルに保存せずにスクリーンショットを撮る

すべてのバージョンのWindowsには、常にこのような方法でスクリーンショットを撮ることができます。スクリーンショットとして保存するものを画面で開く=> キーボードのPrtScキーを押すか、PrintScreenとも呼ばれます(一部のデバイスでは、Fn + PrtScキーを押す必要があります)

画面がちらつくことはなく、スクリーンショットはファイルに保存されず、クリップボードにコピーされ、ペイント、メール、Word文書などに貼り付けることができます。つまり、PrtScを押した後、たとえばWordを開き、マウスの右ボタンで空のスペースをクリックして、[貼り付け]を選択します(Ctrl + Vを押すこともできます)。

別のウィンドウのスナップショットを撮る

画面全体ではなく特定のウィンドウをキャプチャする必要がある場合-目的のウィンドウをクリックしてアクティブにします=>キーボードのAltキーPrtSc(PrintScreen)キーを押します。一部のデバイスでは、Alt + Fn + PrtScを押す必要があります

画面がちらつくことはなく、スクリーンショットはファイルに保存されず、クリップボードにコピーされ、ペイント、メール、Word文書などに貼り付けることができます。つまり、PrtScを押した後、たとえばWordを開き、マウスの右ボタンで空のスペースをクリックして、[貼り付け]を選択します(Ctrl + Vを押すこともできます)。

特定の領域のスナップショットを撮る

スクリーンショットとして保存するものを画面で開き、Win + Shift + キーを同時に押します

画面が明るくなり、カーソルが十字のように見えます。スクリーンショットでキャプチャしたい画面の部分にカーソルを合わせます=>マウスの左ボタンを押し、離さずにカーソルをドラッグして、スクリーンショットの領域を選択します=>保存したい画面の部分が強調表示されたら-マウスの左ボタンを放します。スクリーンショットがクリップボードにコピーされ、ペイント、Word、メールなどに貼り付けることができます。

 ハサミでスクリーンショットを撮る

Windows 7以降、すべてのバージョンのWindowsにはハサミツールがあり、画面全体またはその一部のスナップショットを撮ることができます。

   「はさみ」を開く:方法の1つ-検索バーに「はさみ」と書き込み、見​​つかった結果からそれらを選択します(「スタート」メニュー=>すべてのアプリケーション=>標準=>はさみに移動することもできます)。

[作成]をクリックします=>スナップショットとして保存する画面の部分にカーソルを移動します=>マウスの左ボタンを押して離さずに、カーソルを目的の方向にドラッグし、キャプチャする画面の部分をハイライト表示します=>必要なすべてを選択したら画面の一部-左キーを離します=>「ファイル」に移動して「名前を付けて保存」を選択し、結果のスナップショットを保存します。

このツールでは、スナップショットモードを選択できます。

  • フリーフォーム-画面の任意の部分を任意の形状で描画できます。
  • 長方形-スナップショットのオブジェクト選択領域は長方形のみです。
  • ウィンドウ-スナップショット用に開いているウィンドウを選択できます。
  • 全画面-スクリーンショットの画面全体をキャプチャします。

遅延スナップショットを設定することもできます。つまり、スクリーンショットを撮るまでの遅延時間を選択できます。「ホールド」をクリックします=> 1〜5秒の遅延時間を選択します=>「作成」をクリックします。選択した時間が経過すると、スナップショットを作成するためのウィンドウが開き、必要な領域を選択できます。

作成した画像は、「はさみ」ツールで消しゴム、マーカー、ペンなどを使って編集した後、任意のフォルダーに保存したり、メールで送信したりできます。

キーを割り当てて「はさみ」をすばやく開く

このツールを頻繁に使用する場合は、タスクバーまたはスタートメニューに固定できます。これを行うには、検索バーに「はさみ」と入力します=>検索結果を右クリックして、「スタート画面に固定」または「タスクバーに固定」を選択します。

はさみアプリケーションを開くための任意のキーを設定できます。たとえば、f6を押すたびに「はさみ」を開くようにします。これを行うには、それらを開き、タスクバーのショートカットをマウスの右ボタンでクリックします=>「はさみ」を右クリックして、「プロパティ」を選択します

カーソルを「ショートカット」行に置き、F6 キーを押して「OK」をクリックし  ます。次のウィンドウで「続行」を選択し、もう一度「OK」を押します。

これで、F6キーを押すたびに、はさみツールが開きます。

はさみツールでコンテキストメニューを取得

「はさみ」を開いた後、画面を右クリックして、「新規」をクリックするだけで、開いているコンテキストメニューのスナップショットを撮ってみてください。成功しません。コンテキストメニューは消えてしまいます。開いたメニューをキャプチャする時間がある場合-「はさみ」を開く=>適切な場所で右クリックしてコンテキストメニューを開きます(デスクトップの空の場所、ファイル、またはフォルダ上)=> Ctrl + PrtScを押すと、カーソルが表示されます写真の領域を選択できます。

「はさみ」のキーボードショートカット。

Alt + M モードを選択します。

Ctrl + S スナップショットを保存します。

Alt + N は、以前に選択したモードを使用して新しいスナップショットを作成します。

Alt + D 選択遅延。

Ctrl + C は、キャプチャした画像をクリップボードにコピーします。

Ctrl + P スナップショットを印刷

PSRでスクリーンショットを撮る

Windowsには、「アクションレコーダー」と呼ばれるツールがあり、起動すると、スクリーンショットの取得を開始し、ツールが停止するまで何でも実行します。たとえば、「ハサミツールを開く方法」という指示を作成し、検索バーにPSRと入力して、見つかった結果から選択します=>「記録の開始」をクリック=>「スタート」メニューに移動=>すべてのアプリケーション=>アクセサリ=>「選択」はさみ "=> in"アクションレコーダー "クリック" "記録の停止"。目の前にウィンドウが開き、すべてのアクションが順番に表示されます。各アクションの後にスクリーンショットが表示されます。

結果は、アーカイブに配置されたmht形式のファイルに保存されます。

OneDriveを使用してスクリーンショットを撮る

Windows 10のOneDriveアプリは、通知領域のタスクバー(無効にしていない場合)または[スタート]メニューから[すべてのアプリ]にあります。これを使用すると、画面全体のスクリーンショットを撮って、ファイルに直接保存できます。Microsoftアカウントを使用してこのアプリケーションにログインする必要があります。その後、1つのキーを押すだけで画面全体のスクリーンショットを撮ることができます。スクリーンショットとして保存する内容が表示されたら、PrtSc(PrintScreen)キーを押すと、通知領域の画面に「スクリーンショットが保存されました」というメッセージが表示されます。画面キャプチャファイルは、  C:\ Users \ username \ OneDrive \ Pictures \ Screenshots \にあります。

ゲームバーを使用してスクリーンショットを撮る

Xboxゲームバーを使用して画面全体のスクリーンショットを撮ることができます。これを行うには、任意のアプリケーションを開き、Win + Gキーを押します。

スクリーンショットを撮る-カメラの形のアイコンをクリックします。

「スクリーンショットが保存されました」という通知がタスクバーに表示され、Xboxアプリケーションでキャプチャした画像を表示するか、%UserProfile%\ Videos \ Capturesフォルダーを開くことができます 

Windowsインクワークスペースを使用してスクリーンショットを撮る

マウスの右ボタンで空白のタスクバーをクリックします。[Windowsインクワークスペースボタンを表示]の前にチェックマークが表示されます。そうでない場合は、マウスの左ボタンでこの行をクリックします。時計の近くの通知領域にあるタスクバーには、ハンドルのようなアイコンがあります。これはWindows lnkワークスペースです。スクリーンショットとして保存したい画面が表示されたら、Windowsのインクワークスペースアイコンをクリックし、[画面にスケッチ]を選択します。

画面のスクリーンショットが正面に表示されます。右上には、画像編集用のツールを備えたパネルがあります。

画像をトリミングしたり、消しゴムで不要な部分を消したり、マーカーで何かを描いたり、画像を回転したりできます。スナップショットを保存するには、フロッピーディスクアイコン(名前を付けて保存)をクリックし、保存する場所を選択して、ファイル名を入力し、[保存]をクリックします。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂