Windows 10で画面解像度を変更する

デフォルトでは、WindowsはPCに最適な画面表示設定を選択します。必要に応じて、PCの各ディスプレイの画面解像度を自分で変更できます。今日の記事では、Windows 10で画面の解像度を変更する方法について説明します。

システムオプションの画面解像度を変更する

1.デスクトップの何もない場所を右クリックして、[ディスプレイの設定]を選択します(左側の[スタート] => [設定] => [システム] =>に移動して、[ディスプレイ]を選択することもできます)。

2. [ディスプレイの解像度]の右の列で、リストから目的の解像度を選択します(複数のモニターがコンピューターに接続されている場合-まず、解像度を変更するモニターを選択します)。

画面の解像度はすぐに変更され、適切であれば-[保存]をクリックし、そうでなければ-[変更をキャンセル]をクリックします。

グラフィックアダプターのプロパティで画面解像度を変更する

1. デスクトップの何もない場所を右クリックし、[ディスプレイの設定]を選択します(また、左側にある[スタート] => [設定] => [システム] =>に移動して、[ディスプレイ]を選択できます)。

2.右側の列で、[ディスプレイの詳細設定] => [ディスプレイアダプタのプロパティ]を選択します。

3.「アダプター」タブで、「すべてのモードのリスト」をクリックします。

4.希望の解像度を選択して、[OK]をクリックします。

画面の解像度はすぐに変更されます。選択した解像度が適切であれば、[変更を保存]をクリックして、残りのウィンドウを閉じます。

また、グラフィックアダプタのドライバに付属するプログラムで画面解像度を変更することもできます。さまざまなグラフィックアダプターがあり、それらに移動するプログラムも異なります。「インテルグラフィックスおよびメディアコントロールパネル」を見てみましょう。タスクバーのプログラムアイコンを右クリックして、[グラフィックオプション]を選択します。

「メインモード」の前にドットを配置し、「OK」をクリックします。

左側の列で、[ディスプレイ] => [基本設定] =>右側の[解像度]の横にあるを選択し、リストから目的の画面解像度を選択して、[適用]をクリックします。

選択した画面解像度が適切であれば、「OK」をクリックします。

他の方法を知っているか、いくつか追加しただけの場合は、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂