Windows 10でスリープを無効(有効)にする方法

今日の記事では、Windows 10で休止状態を無効(有効)にする方法について説明します。

デフォルトでは、Windows 10を実行しているコンピューターは、一定時間操作がないとスリープ状態になります。つまり、たとえば、設定では、15分間何も操作しないとコンピュータがスリープ状態になるように選択されています。コンピュータを離れて15分間使用しないと、その後スリープ状態になります。スリープモードでは、コンピューターは低消費電力モードです。電気は、ほとんどすべてのデバイスと機能がオフになっている間、コンピュータの状態をメモリに保持するために使用されます。コンピュータがスリープ状態から復帰するまで数秒かかります。再び読み込まれるまで待つ必要はありません。スリープ状態にする前に開いていたすべてのアプリケーションがすぐに開かれます。このモードの大きな欠点は、(たとえば)サイトから大きなファイルをダウンロードした場合、ファイルの追加読み込みがサポートされておらず、コンピューターを離れたが、ファイルをダウンロードせずにスリープ状態になった場合は、再読み込みする必要があります。または、コンピューターをリモートターミナルとして使用していて、コンピューターをスリープ状態にすると、コンピューターをウェイクアップするユーザーを探す必要があります。いずれにせよ、スリープモードは必要な機能であり、すべての人に適しているわけではありません。

 システム設定でスリープを無効(有効)にする

1. [スタート]メニューに移動し、[設定]を開きます(説明されているアクションの代わりに、Win + Iキーを押すことができます)。

2. [システム]に移動し、左側で[電源とスリープモード]を選択し、右側で[スリープ]の横にある必要なオプションを選択します。コンピュータをスリープ状態にするまでの非アクティブな時間の後にリストから選択できます。スリープモードへの移行を無効にする場合は、[しない]を選択します。必要なものを選択したら、[システム設定]ウィンドウを閉じます。

  電源装置のスリープを無効(有効)にする

1.「電源装置」を開きます:方法の1つ-検索バーまたは「実行」メニュー(Win + Rキーで呼び出される)で、コマンド  powercfg.cpl を入力してEnterキーを押します。

2.左側で、「スリープ設定」をクリックします。

3. [コンピュータをスリープモードにする]の反対側で、リストから必要なオプションを選択します。コンピュータがスリープ状態になるまでの時間を選択するか、リストで[しない]を選択して休止状態を無効にすることができます。必要なものを選択したら、「変更を保存」をクリックします。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!あなたに幸せiness