Windows 10でマウスポインターを変更する方法

今日の記事では、Windows 10でマウスポインター(カーソル)を変更するさまざまな方法について説明します。

Windowsはマウスポインター.ani ファイルと  .curファイルを使用します。ファイル  の データセットはインターネット上にあり、標準ファイルはC:\ Windows \ Cursors \フォルダーにあります。

システムオプションでポインターのサイズと色を変更する

1. [スタート]メニューを開き、[設定]に移動します。

2. [ユーザー補助]に移動し、左側の列で[マウス]を選択し、右側で目的のポインターサイズ(標準、大、オプション)を選択します。

3.同じメニューで、ポインターの色(白、黒、反転)を選択できます。

マウスのプロパティでポインターを変更する

  マウスのプロパティを開きます。1つの方法は、Win + Rキーを押す(または[スタート]を右クリックして[ファイル名を指定して実行]を選択する)、コマンド  コントロールMain.cplを入力してEnterキーを押すことです。マウスのプロパティにアクセスする別の方法は、左側の「スタート」メニュー=>オプション=>デバイス=>を開き、「マウス」を選択し、右側の「追加のマウスオプション」を開くことです。

  ポインタースキームの選択

マウスポインターを変更する最も簡単な方法は、別のスキームを選択することです。マウスのプロパティで[マウスポインター]タブを開き、[スキーム]の横にあるスキームのリストから選択し、さまざまな状況でポインターがどのように表示されるかを下のウィンドウで確認します。希望のスキームを選択した後、「OK」をクリックします。

  ポインタをカスタマイズする

[設定]の[ポインタ]タブで、変更するポインタを選択します=> [参照]をクリックします=>目的のカーソル画像のファイルを選択します(形式は.aniまたは.curである必要があります)=> [開く]をクリックして[適用]をクリックします...

カーソルの画像を変更して標準のフォームに戻したい場合は、同じウィンドウでポインターを選択して[デフォルト]をクリックします。

ポインタの輪郭を保存

ポインタを変更した後、[名前を付けて保存]をクリックして新しいスキームを保存できます=>新しいスキームの名前を入力して[OK]をクリックします。

保存されたポインタスキーマを削除

保存されたポインタースキームを削除できます。これを行うには、削除するスキームをリストから選択して[削除]をクリックし、[はい]をクリックして削除を確認します。

レジストリエディターを使用してポインターを変更する

レジストリを編集する前に、システムの復元ポイントを作成することをお勧めします。

1.レジストリエディターを開きます。 検索バーまたは実行メニュー(Win + Rキーを押して実行)で、  regeditコマンド を入力してEnterキーを押します。

2. パス  HKEY_CURRENT_USER \ Control Panel \ Cursorsに移動します。カーソルセクションでは  、 すべてのパラメーターがポインターの表示を担当します。

3.ポインターのスキームを選択するには、[ カーソル] セクションでパラメーター(デフォルト)を  開き、  [値]フィールドにスキームの名前を入力して、[OK]をクリックします。

ブラック(システム)-Windowsブラック

黒(巨大)(システム)  -Windows黒(特大)

黒(大)(システム)  -Windows黒(大)

標準(大)(システム)  -Windows標準(大)

標準(巨大)(システム)  -Windows標準(特大)

デフォルト(システム)  -Windowsデフォルト

デフォルト(巨大)(システム)  -Windowsデフォルト(特大)

デフォルト(大)(システム)-Windowsデフォルト(大)

逆(システム)  -Windows反転

逆(巨大)(システム)  -Windows反転(特大)

逆(大)(システム)-Windows反転(大)

4.各ポインタを個別に変更するには、パラメータの1つを開き、[値]で、ポインタとして使用するファイルへのフルパスを指定する必要があります。ファイルは.ani または.curである必要があります。  パスはファイル名とともに完全な形で示されます。たとえば、  C:\ Windows \ Cursors \ aero_helpsel_xl.cur

矢印がメインモードです。

ヘルプ-選択のヘルプ。

AppStarting-バックグラウンドモード。

待って-忙しい。

十字線-グラフィックの強調表示。

IBeam-テキスト選択。

NWPen-手書き入力。

いいえ-利用できません。

SizeNS-垂直寸法を変更します。

SizeWE-水平寸法を変更します。

SizeNWSE-斜めにサイズ変更1。

SizeNESW-斜めにサイズ変更2。

SizeAll-移動。

UpArrowは特別な選択です。

手-リンクを選択します。

たとえば、バックグラウンドモードポインターを測定する必要があります。AppStartingパラメーターを開き、[値]フィールドでポインター画像への完全パスを指定して、[OK]をクリックします。

変更後、レジストリエディターを閉じ、コンピューターを再起動して変更を有効にします。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂