Windowsで特定のデバイスのドライバーを更新しないようにする

場合によっては、新しいドライバーがデバイス用のWindows Updateを介して届くことがあります。多くの場合、それらはインストールされており、問題は発生しません。ドライバーの更新により一部の設定が無効になるか、デバイスが正しく動作しなくなることがあります。今日の記事では、特定のデバイスのドライバーの更新を防ぐ方法について説明します。

以前は、すべてのデバイスに対してWindows Updateを介してドライバーの更新を無効にする方法を既に見てきました。また、デバイスドライバーをロールバックする方法についても検討しました(この手順は、ドライバーを更新した後、デバイスが正しく動作しなくなった場合に役立ちます。ロールバックして、以下の手順を使用して、このデバイスのドライバーの更新を防ぐことができます)。

グループポリシーで特定のデバイスのドライバーを更新できないようにする

この方法は、Windows Pro、Enterprise、またはEducationで機能します。ホームバージョンがある場合は、次の方法に進みます。

1.「デバイスマネージャー」を開きます:方法の1つ-検索バーまたは実行メニュー(Win + Rキーを押して実行)で、devmgmt.msc コマンド  を入力してEnterキーを押します。

。ドライバーの更新を禁止するデバイスを見つけます=>デバイスを右クリックし、[プロパティ]を選択します(下図を参照)。

3.「詳細」タブを開く=>「プロパティ」フィールドで、リストから「機器ID」を選択=>最初の行「値」を右クリックして、「コピー」を選択します。

4.グループポリシーを開きます検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rを押して実行)で、  gpedit.msc と入力し、Enterキーを押します。

5.  [コンピューターの構成] =>管理用テンプレート=>システム=>デバイスのインストール=>デバイスのインストールに関する制限=>右の列にある[指定されたデバイスコードでデバイスのインストールを禁止する]を開きます。

6.「有効」フィールドにポイントを置き、「表示」をクリックします。

7.「機器ID」の3番目の段落にコピーした行を追加して、「OK」をクリックします。複数のデバイスのドライバー更新を無効にする場合は、各デバイスの識別子を新しい行に挿入します。次のウィンドウで、[OK]をクリックしてグループポリシーを閉じます。

レジストリ内の特定のデバイスのドライバーを更新しないようにする

1.上記の手順の最初の3つの手順に従って、「機器ID」を見つけます。

2.  検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rキーで起動)で「  メモ帳」  と入力し、Enterキーを押します。

3.  メモ帳で、次のテキストを貼り付けます。

Windowsレジストリエディターバージョン5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ポリシー\ Microsoft \ Windows \ DeviceInstall]

[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ポリシー\ Microsoft \ Windows \ DeviceInstall \制限事項]

"DenyDeviceIDs" = dword:00000001

"DenyDeviceIDsRetroactive" = dword:00000000

[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ポリシー\ Microsoft \ Windows \ DeviceInstall \ Restrictions \ DenyDeviceIDs]

"1" = "PCI \\ VEN_10DE&DEV_0402&SUBSYS_00000000&REV_A1"

(PCI \ VEN_10DE&DEV_0402&SUBSYS_00000000&REV_A1の代わりに、ハードウェアIDを入力します。ハードウェアIDに1つの\が含まれている場合は、2つの\\に置き換えます。たとえば、PCIハードウェアID \ VEN_10DE&DEV_0402&SUBSYS_00000000&REV_A1の場合、「1 "=" PCI \&2。」と入力する必要があります。

4. [ファイル]に移動し、[名前を付けて保存]をクリックします。

5.  ファイルを保存する場所を選択します(主に後で見つけることができます)=> [ファイル名]行に任意の名前を入力し、拡張子をregに 変更します  (図を参照)。この例では、ファイルにProhibit Driver  Updates.reg という名前を付け、  [保存]をクリックします。

5.  保存したファイルを開き、表示されるウィンドウで[はい]をクリックし、次に[OK]をクリックします。

他の方法を知っているか、追加機能がある場合、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂