Windowsでスクリーンセーバーのパスワード保護を有効にする

Windowsのすべてのバージョンにスクリーンセーバーがあり、一定時間コンピューターを使用しなかった場合に、さまざまな画像が表示されます。たとえば、この機能が有効になっている場合、コンピューターを数分間離れると、しばらくすると(設定で選択した)さまざまな画像や図形が画面に表示され、任意のキーを押すかマウスを動かすと、デスクトップに戻ります(またはパスワードを入力するためのログイン画面に)。ログイン画面が表示されるように[スクリーンセーバーオプション]ウィンドウを構成する方法については前に説明しました。

今日は、グループポリシーまたはレジストリエディター、特定のユーザー、またはWindows 7、8、10のすべてのユーザーに対して、スクリーンセーバーのパスワード保護を有効にする方法について説明します。システムに「非アクティブになります。

グループポリシーでスクリーンセーバーのパスワード保護を有効にする

この方法は、Windows Pro、Enterprise、またはEducationで機能します。ホームバージョンがある場合は、2番目の方法に進みます。このコンピューターの他のユーザーに対してスクリーンセーバーのパスワード保護を有効にする場合は、最初に「特定のユーザーのグループポリシーを構成する方法」の手順に従ってください。

1.  グループポリシーを開きます。検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rキーを押して実行)に  gpedit.msc と入力し、Enterキーを押します。

2.  「ユーザー設定」に移動します=>「管理用テンプレート」=>「コントロールパネル」=>「カスタマイズ」=>「パスワードでスクリーンセーバーを保護」を開きます。

3.「有効」の横にドットを配置し、「OK」をクリックします。

レジストリエディターでスクリーンセーバーのパスワード保護を有効にする

1.  検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rを押して実行)で、  regedit と入力してEnterキーを押します。

2.  システムにログインしているユーザーのパスワードを使用してスクリーンセーバーの保護を有効にする場合は、パス  HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Policies \ Microsoft \ Windows \ Control Panel \ Desktopに移動します。すべてのコンピューターユーザーのスクリーンセーバーのパスワード保護を有効にする場合は、パス  HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows \ Control Panel \ Desktopに移動します。 Windowsセクションにコントロールパネルセクションがない場合-Windowsセクションを右クリックして、[新規]を選択します=> "セクション" =>新しいセクションに名前を付けますコントロールパネル

マウスの右ボタンでコントロールパネルセクションをクリックし、「新規」を選択=>「セクション」=>新しいセクションに名前を付けるデスクトップ

3.  マウスの右ボタンでデスクトップ  セクションをクリックし、  「新規」を選択します=>「文字列パラメーター」=>新しいパラメーターに名前を付けますScreenSaverIsSecure

4.パラメータScreenSaverIsSecure =>を開き、  [値] フィールドに1と入力  して[OK]をクリックします。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂