Windows 10で自動ワイヤレス接続をオフにする方法

Wi-Fiネットワークへの最初の接続で[自動接続]チェックボックスをオフにしなかった場合-このネットワークの範囲内にある場合、Windowsはデバイスをこのネットワークに自動的に接続します。Wi-Fiネットワークへの自動接続をオフにすることができますが、Windowsはパスワードを記憶しており、手動で接続することができます。今日の記事では、Windows 10で自動Wi-Fi接続をオフにするさまざまな方法について説明します。

  接続時にWi-Fiネットワークへの自動接続を無効にする

特定のワイヤレスネットワークに初めて接続するとき-[接続]の横にある場合、[自動的に接続する]にチェックマークが付いています。これを残すと、デバイスはこのネットワークに自動的に接続します。削除すると自動的に接続されます-次回このネットワークに接続する必要があります手動になります。手動-これは、パスワードを再度入力する必要があることを意味するのではなく、「接続」をクリックするだけでネットワークが接続されます。

すでにネットワークに接続していて、「自動的に接続する」のチェックを外していない場合=>タスクバーのネットワークアイコンを左クリック=>自動的に接続しないネットワークをクリックして、「切断」を選択します。

  システム設定でワイヤレスネットワークへの自動接続を無効にする

1.タスクバーのネットワークアイコンをマウスの右ボタンでクリックし、[開く]ネットワークとインターネットの設定を選択します(または、[スタート]メニューに移動します=> "設定" => "ネットワークとインターネット")=>左側でWiを選択します-Fi =>右側で、デバイスを自動的に接続させたくないワイヤレスネットワークをクリックします。

2. [範囲内で自動的に接続]の横にあるトグルスイッチを押して、[オフ]の位置にします。システム設定ウィンドウを閉じます。

  ネットワーク接続で自動Wi-Fi接続を無効にする

1. 検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rキーを押して実行)で、ncpa.cplコマンド  を入力し、Enterキーを押します。

2. 「マウスの左ボタンでダブルクリックして」「ワイヤレスネットワーク」を開きます。

3.「ワイヤレスプロパティ」をクリックします。

4. [ネットワークが範囲内にある場合は自動的に接続する]の横のボックスをオフにして、[OK]をクリックします。

  コマンドプロンプトで自動ワイヤレス接続を無効にする

1.管理者としてコマンドプロンプトを開きます。方法の1つは、[スタート]メニューを右クリックして[コマンドプロンプト(管理者)]を選択することです。

2.入力し  ます。netsh WLANショープロファイルとEnterキーを押します。

3.構成するワイヤレスネットワークの正確な名前を確認し、覚えておきます。コマンド  netsh wlan show profile "network name" を入力してEnterキーを押します(赤で強調表示された部分を構成するネットワークの名前に置き換えます)。たとえば、デバイスが自動的にPenTh0u $ネットワークに接続しないようにするには、コマンドnetsh wlan show profile "PenThou $"を入力してEnterキーを押す必要があります。その結果、このネットワークが自動接続または手動で構成されていることがわかります。

4.デバイスが選択したネットワークに自動的に接続しないようにするには、コマンド  netsh wlan set profileparameter name = "network name" connectionmode = manual (赤で強調表示された部分をネットワークの名前に置き換えます)を入力し、Enterキーを押します。たとえば、デバイスがPenTh0u $ネットワークに自動的に接続しないようにするには、コマンドnetsh wlan set profileparameter name = "PenTh0u $" connectionmode = manualを入力し、Enterキーを押す必要があります。

コマンドを実行した後、コマンドラインを閉じることができます。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂