Windows 10のWindows Defender保護履歴をクリアする

保護ログでは、保護のためのWindowsセキュリティの最新のアクションと推奨事項を表示できます。つまり、ログには検出された脅威とその説明が表示され、さまざまなアクションオプションが提供されます。今日は、Windows 10のWindows Defender保護履歴をクリアする方法を見ていきます。

ファイルエクスプローラーからセキュリティログを消去する

1.ファイルエクスプローラー(Win + E)を開きます。

2.パスに移動  C:\はProgramData \マイクロソフト\ Windows Defenderの\スキャン\史 => 右をクリックするサービスの フォルダには  、「削除」を選択します。

イベントビューアーの保護ログを消去する

1.検索バーまたは実行メニュー(Win + R)で  eventvwrと入力し、Enterキーを押します。

2.「アプリケーションとサービスログ」に移動します=>「Microsoft」=>「Windows」=>「Windows Defender」=>「操作可能」=>「ログのクリア」をクリックします。

3.「クリア」をクリックします。

自動ログクリーニングの期間を変更する

既定では、Windows Defenderは30日後に履歴からアイテムを消去します。

1.管理者としてPowerShellを開きます

2.コマンド  Set-MpPreference -ScanPurgeItemsAfterDelay 1(コマンドの1は、履歴からアイテムを削除する日数が経過した後、別の日数を入力できることを意味します)を入力して、Enterキーを押します。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂