ダウンロードフォルダーとゴミ箱のファイルを30日後に自動的に削除する

非常に多くの場合、友達は不必要なジャンクからコンピューターをきれいにするように求め、ダウンロードフォルダーまたはゴミ箱に行き、約10GBの不要なジャンクを見つけます。一度だけ必要になるダウンロードファイルのほとんどは、「ダウンロード」フォルダに残り、忘れられます。誰もが定期的にゴミ箱を空にすることを覚えているわけではありません。Windows 10では、ゴミ箱とダウンロードフォルダーの自動クリーニング機能が表示され、すべてが削除されるわけではなく、30日以上使用されていないファイルのみが削除されます。今日の記事では、Windows 10のDownloadsフォルダーとTrashフォルダーからのファイルの自動削除を有効にする方法について説明します。

1. [スタート]メニューを開き、[設定]に移動します(または、Win + Iを押してオプションを開きます)。

2. [システム]に移動=>左側で[ストレージ]を選択し、右側で[Windowsは、一時ファイルやごみ箱の内容などの不要なファイルを削除することで、ディスク領域を自動的に解放できます]の横にあるラジオボタンをクリックします。 「オン」の位置になりました。=>「スペースの解放方法を変更する」をクリックします。

3.  [ゴミ箱に入れてから30日以上経過したファイルを削除する]と[ダウンロードフォルダー内で30日間変更されていないファイルを削除する]の横にあるチェックボックスをオンにします。システム設定を閉じます。30日より古いすべてのファイルがごみ箱とダウンロードフォルダーから削除されます。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂