OneDrive Windows 10のオンデマンドファイル

ビルド16.299へのWindows 10の更新により、OneDriveにはファイルオンデマンド機能が導入されました。今日の記事では、この機能の機能と、この機能を有効または無効にする方法について説明します。

OneDriveのオンデマンドファイル

Files On Demandが有効になっている場合、エクスプローラーのナビゲーションウィンドウでOneDriveを開くと、クラウドストレージにあるすべてのファイルとフォルダーが表示されます。それらをコンピューターにダウンロードし、不要なものを削除できます。つまり、ブラウザーからクラウドストレージにアクセスした場合と同じように、すべてのアクションを実行できます。これらすべてにより、表示されたフォルダ(ファイル)は、それらのローカルコピーをダウンロードするまで、コンピュータの領域を占有しません。 「ステータス」列の各フォルダー(ファイル)の反対側に記号があります。緑色のチェックマークが付いた丸は、ファイル(フォルダー)がデバイスとクラウドストレージの両方で使用できることを意味します。クラウドサインは、ファイルがクラウドストレージにのみ存在し、ローカルコピーがないことを意味します。

コンピューターにローカルコピーがない場合でも、任意のアプリケーションでクラウドストレージから任意のファイルを開くことができます。ノートブック(コマンドライン、Microsoft Wordなど)を開いた後、OneDriveから任意のファイルを開くことを選択できます。クラウドストレージからのダウンロードがすぐに開始され、その後で開かれます。もちろん、コンピューターがインターネットに接続されていない場合、これらの手順をすべて実行することはできません。

コンピューターのスペースを解放する場合は、ファイルまたはフォルダーのローカルコピーを削除し、クラウドストレージにのみ残します。目的のファイル(フォルダー)を右クリックして、[スペースを解放]を選択します。コンピューターに常にファイル(フォルダー)のローカルコピーを保持する場合は、必要なファイル(フォルダー)を右クリックし、[常にこのデバイスに保存する]を選択します。

アプリケーションがOneDriveクラウドからファイル(フォルダー)をダウンロードすると、通知領域にリクエストが表示され、このアクションが許可される場合があります。アプリケーションがクラウドからファイルをダウンロードすることを禁止するか、一度禁止して将来このアプリケーションがファイルをダウンロードすることを許可したい場合は許可することができます-左側にある「スタート」メニュー=>設定=>プライバシー=>に移動し、「自動ダウンロード」を選択しますファイル "=>右側の"許可 "をクリックします。

つまり、新機能により、OneDriveユーザーはすべてをコンピューターにダウンロードすることなく、クラウドからすべてのファイルとフォルダーに簡単かつ迅速にアクセスできます。

オンデマンドでファイルを有効(無効)にする方法

Microsoftアカウントを使用してコンピューターにログインする場合は、何もする必要はありません。この機能は、Windows 10を更新して16.299をビルドした後に自動的に表示されます。ローカルアカウントを使用している場合-OneDriveを開く=> OneDriveにリンクされているメールアドレスを入力し、[サインイン]をクリックします。

タスクバーの通知領域にあるOneDriveアイコンを右クリックし、[設定]を選択します。

[オプション]タブで、[スペースを節約してファイルをダウンロードする]チェックボックスをオンにし、[OK]をクリックして、[ファイルオンデマンド]機能をアクティブにします。逆に、この機能を無効にしたい場合は、「使用容量を節約してファイルをダウンロードする」のチェックを外して「OK」をクリックしてください。

パラメーターに "Files on Demand"項目がなく、システムが既に16.299を構築するように更新されている場合は、OneDriveの更新がコンピューターに送信されるまで待つか、OneDriveの最新バージョンをダウンロードしてインストールできます。

今日はこれですべてです。追加がある場合は、コメントに書き込んでください!がんばって🙂