Windows 8および10セーフモードを起動する方法

Windows 8には、オペレーティングシステムをより速くロードする新しいブートローダーが搭載されています。マイクロソフトは、コンピューターの電源が入っているときにF8キーを使用して詳細ブートオプションを呼び出す機能を無効にすることにより、オペレーティングシステムのブート時間を改善しました。

さて、セーフモードまたは他の起動方法に到達するには、多くのアクションを実行する必要がありますが、これは必ずしも便利ではありません。今日の記事では、セーフモードを開始するさまざまな方法と、F8を使用して呼び出しをセーフモードに戻す方法について説明します。 

Windows 8および10でセーフモードを開始する

セーフモードを開始する最初の方法は、msconfigシステム設定プログラムを使用することです

1.検索バーまたは実行メニュー(Win + Rキーを押して実行)でmsconfig と書き込み  、Enterキーを押します。

3. [ブート]タブを開き、[セーフモード]の横にあるチェックボックスをオンにします。以下で、目的のオプションの反対側に完全に停止します。

  • minimal-通常のセーフモード。ドライバーとサービスの最小限のセットで始まります。
  • 別のシェル- 通常のインターフェースの代わりにコマンドラインを使用するセーフモード。
  • ネットワーク-インターネットまたはネットワーク上の他のコンピューターにアクセスするために必要なネットワークドライバーとサービスを備えたセーフモード。
  • Active Directoryの回復-サーバーの回復を指します。

チェックボックスをオンにして[適用]をクリックします。[OK]をクリックした後、コンピュータを再起動します。

再起動後、コンピュータはセーフモードで起動します。ダウンロードを通常モードに戻すには、上記のすべての手順を繰り返し、[ダウンロード]タブで[セーフモード]チェックボックスをオフにする必要があります。

「ブートオプション」を使用してセーフモードを開始する2番目の方法

ブートオプションの変更:追加のブートオプションを呼び出すためのオプションの1つは、Shiftキーを押しながら再起動を選択することです。

再起動後、選択ウィンドウが表示されます=>「トラブルシューティング」を選択します。

「詳細オプション」を選択します。

「ダウンロードオプション」を選択します。

ここで、「再起動」を左クリックする必要があります。

再起動後、キーを使用して「セーフモード」を選択します。たとえば、Windows 10ではF4、F5、F6(または4、5、6)キーで選択します。Windows8では通常、矢印とEnterキーで選択します。

F8キーを押してセーフモードを開始する方法

「高度なブートオプション」を入力する標準的な方法が気に入らず、以前のようにコンピューターの電源を入れたときにF8でセーフモードに入ることができるようにしたい場合は、次のようにします。

1.管理者としてコマンドラインを開きます。方法の1つは、検索バーにcmd と書き込み、検索結果を右クリックして、[管理者として実行]を選択することです。

2.開いたウィンドウで、次のコマンドを入力します。

bcdedit / set {default} bootmenupolicy legacy

Enterキーを押します。

コマンドを正しく入力すると、「操作は正常に完了しました」と表示されます。

これで、コンピュータを再起動し、F8キーを押して、電源が入っているときにセーフモードを開始できます。

F8でブートオプションを実行する機能を無効にする場合:

1.管理者としてコマンドラインを実行します。

2.コマンドを入力します

bcdedit / set {default} bootmenupolicy standard

Enterキーを押します。

Windows 8および10でセーフモードを開始するこれらの方法で十分です。追加があるか、他の方法を知っている場合-コメントを書いてください!がんばって🙂