Windows 10でOEM情報をカスタマイズする方法

今日の記事では、Windows 10でOEMサポート情報を設定する方法について説明します。

1.検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rボタンで呼び出されます)で、  regeditと入力してEnterキーを押します。

2.パス  HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ OEMInformationに移動します。 OEMInformationセクションを右クリックし、[新規]を選択します=>文字列パラメーター=>新しいパラメーターに名前を付けます  Logo

3.「値」フィールドでパラメーターLogo =>を開き、ロゴとして使用する画像を含むファイルへの完全パスを指定します。たとえば、画像の名前はlogo.bmpで、Windows => System32フォルダーのCドライブにあるため、[値]フィールドにC:\ Windows \ System32 \ logo.bmpと入力する必要があります。

画像のあるファイルはC:\ Windows \ System32 \に配置することをお勧めします。画像自体は、「。bmp」拡張子と32ビットカラーである必要があります。ロゴのサイズが120x120ピクセルを超える場合、ロゴは自動的に120x120に拡大縮小されます。

4. OEMInformationセクションを右クリックし、[新規=>文字列パラメータを選択=>新しいパラメータ名メーカー =>値]フィールドに、メーカーの名前を入力し、[OK]をクリックします。

5.マウスの右ボタンでOEMInformationセクションをクリックし、「新規」=>「文字列パラメータ」を選択=>新しいパラメータ名のモデルを  =>「値」フィールドにPCモデルを入力し、「OK」をクリックしてください。

6. OEMInformationセクションを右クリックし、[新規=> Stringパラメータ=>は、新しいパラメータ名を選択SupportHours  => Valueフィールドに、サポート時間を入力し、[OK]をクリックします。

7.マウスの右ボタンでOEMInformationセクションをクリックし、「新規」を選択=>「文字列パラメーター」=> 「値」フィールドに新しいパラメーターの名前をSupportPhone  =>に指定し、サポートに連絡する電話番号を入力して、「OK」をクリックします。

8.  OEMInformationセクションを右クリックしては、新=>文字列パラメータを選択=>新しいパラメータ名SUPPORTURLを  =>値]フィールドに、サポートサイトのアドレスを入力し、[OK]をクリックします。

変更後、レジストリエディターを閉じます。他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂