画面上の「パスワードの変更」を削除する方法Ctrl + Alt + Del

Windows 7、8、10でCtrl + Alt + Deleteキーを押すと、パスワードの変更、終了、タスクマネージャー、ユーザーの変更、ロック、シャットダウン、またはコンピューターの再起動を求めるセキュリティ画面が表示されます。今日の記事では、Ctrl + Alt + Del画面から「パスワードの変更」を削除する方法を見ていきます。

 グループポリシーのCtrl + Alt + Del画面から「パスワードの変更」を削除する

この方法は、Windows Pro、Enterprise、またはEducationで機能します。ホームバージョンがある場合は、2番目の方法に進みます。このコンピュータの他のユーザーに対してCtrl + Alt + Delの画面から「パスワードの変更」を削除する場合は、まず「特定のユーザーのグループポリシーを構成する方法」の指示に従ってください。

1.  グループポリシーを開きます。検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rを押して実行)で、  gpedit.msc と入力してEnterキーを押します。

2.「ユーザー設定」に移動します=>「管理用テンプレート」=>「システム」=>「Ctrl + Alt + Delを押した後のオプション=>右側の「開く」「パスワードの変更を無効にする」。

3. [有効]フィールドにポイントを入力し、[OK]をクリックします。

レジストリエディターのCtrl + Alt + Del画面から「パスワードの変更」を削除する

1.検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rを押して実行)で、  regeditと入力してEnterキーを押します。

2.パス  HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policiesに移動します。 「ポリシー」セクションに「システム」 セクションがない場合  -それを作成し、「ポリシー」セクションを右クリックして、「新規」を選択=>「セクション」=>新しいセクションに「システム」という名前を付けます

3.マウスの右ボタンでシステム セクションをクリックし、  「新規」を選択します=>「DWORDパラメータ(32ビット)」=>新しいパラメータにDisableChangePasswordという名前を付けます 

4. DisableChangePasswordパラメータを開き、  「値」を1に変更して、  「OK」をクリックします。

場合によっては、変更を有効にするためにコンピュータを再起動する必要があります。パスワードの変更をCtrl + Alt + Del画面に戻す場合は、DisableChangePasswordパラメータを削除します。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!あなたに幸せiness