Windows 10ログイン画面からユーザーアカウントを非表示にする方法

Windows 10では、左下隅のログイン画面に、コンピューターで使用可能なすべてのアカウントのリストが表示されます。このリストでは、システムにログインするユーザーを選択できます。今日は、Windows 10のログイン画面のユーザーリストからユーザーアカウントを非表示にする方法について説明します。

以前は、ログイン画面からすべてのアカウントを非表示にする方法を見てきました。

レジストリエディターのログイン画面でユーザーアカウントを非表示にする

1.マウスの右ボタンで[スタート]メニューをクリックし、コンテキストメニューから[コンピューターの管理]を選択します(検索バーまたはメニューにcompmgmt.msc   と入力してEnterキーを押すこともできます)。

2. [ローカルユーザー] => [ユーザー]に移動し、ログイン画面で非表示にするアカウントの正確な名前([名前]列)を覚えておいてください。

3. 検索バーまたは[実行]メニュー(Win + R)で、  regeditと入力してEnterキーを押します。

4.パス  HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Winlogon  =>に移動し、Winlogonセクションを右クリックして、「新規」=>「セクション」=>新しいセクションにSpecialAccountsという名前を付け  ます。

5.マウスの右ボタンでSpecialAccountsセクションをクリックし、「新規」を選択します=>「セクション」=>新しいセクションにUserListという名前を付けます

6. UserList セクションを右クリックし、[新規] => [DWORDパラメータ(32ビット)] を選択します。>>ログイン画面で非表示にするユーザーの名前を新しいパラメータに付けます。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂