Windows 10のコンテキストメニューにシステム保護を追加する方法

システム保護は、コンピュータを以前の状態に戻すことにより、システムの復元を実行できる機能です。今日は、コンテキストメニューにシステム保護を追加する方法について説明します。これにより、ユーザーはシステムの復元ポイントをすばやく作成したり、復元を実行したりできます。

コンテキストメニューのシステム保護に追加

1. 既製のファイルSystem Protectionをダウンロードして、「System Protection」をコンテキストメニューに追加し、手順のステップ5に進むか、以下の手順に従って作成します。

検索バーまたは[実行]メニュー(Win + Rを押して実行)で、  notepad  と入力してEnterキーを押します。

2.  メモ帳で、次のテキストを貼り付けます。

Windowsレジストリエディターバージョン5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT \ DesktopBackground \ Shell \ System Protection]

"MUIVerb" = "システム保護"

"HasLUAShield" = ""

"アイコン" = "rstrui.exe"

「位置」=「下」

"サブコマンド" = ""

[HKEY_CLASSES_ROOT \ DesktopBackground \ Shell \ System Protection \ shell \ 001flyout]

"MUIVerb" = "システム保護"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ DesktopBackground \ Shell \ System Protection \ shell \ 001flyout \ command]

@ = "SystemPropertiesProtection.exe"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ DesktopBackground \ Shell \ System Protection \ shell \ 002flyout]

"MUIVerb" = "システムの復元"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ DesktopBackground \ Shell \ System Protection \ shell \ 002flyout \ command]

@ = "rstrui.exe"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ DesktopBackground \ Shell \ System Protection \ shell \ 003flyout]

"MUIVerb" = "復元ポイントを作成"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ DesktopBackground \ Shell \ System Protection \ shell \ 003flyout \ command]

@ = "PowerShell -windowstyle hidden -command \" Start-Process cmd -ArgumentList '/ s、/ c、PowerShell Checkpoint-Computer -Description \ "Manual \" -RestorePointType \ "MODIFY_SETTINGS \"' -Verb runAs \ ""

3.  [ファイル]に移動し、[名前を付けて保存]をクリックします。

4.  ファイルを保存する場所を選択します(主に後で見つけることができます)=> [ファイル名]行に任意の名前を入力し、拡張子をregに 変更します  (図を参照)。この例では、ファイルにSystem Protection.regという名前を付け、   [保存]をクリックします。

5.  保存したファイルを開き、表示されるウィンドウで[はい]をクリックし、次に[OK]をクリックします。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂