Windows 10でビルトイン管理者アカウントを有効にする方法

管理者権限を持つユーザーに加えて、Windows 10には非表示のビルトイン管理者アカウントがあります。このアカウントは、多くの場合、自分のアカウントのパスワードを忘れたユーザーを保存します。今日の記事では、さまざまな方法でパスワードを有効(無効)にする方法を説明します。

いくつかの方法でシステム自体から、および追加のブートオプションを通じて有効(無効)にすることができます。つまり、有効または無効にすることを決定した場合、Windowsシステム自体からいくつかの方法があり、Windowsにログインするアカウントのパスワードを忘れた場合に役立つ方法が1つあります。

Windows 10のユーザーアカウント

標準ユーザーは、他のユーザーの設定やコンピュータのセキュリティに影響を与えない、ほとんどのプログラムを使用したり、システム設定を変更したりできる制限付きユーザーアカウントです。アカウントは、ローカルアカウントまたはMicrosoftアカウントのいずれかです。昇格された権限を必要とするプログラムを実行しようとすると、管理者の資格情報を入力するように求めるウィンドウが表示されます。

管理者ユーザー は、Windowsのインストール中に作成され、管理者権限を持つユーザーアカウントです。アカウントは、ローカルアカウントまたはMicrosoftアカウントのいずれかです。アカウントはコンピューターへのフルアクセスがあり、変更を行うために使用できます。

ビルトイン管理者-非表示のビルトイン管理者アカウント(ローカルのみ)であり、コンピューターへの無制限の完全アクセス権があります。このアカウントを永続的に使用することはお勧めしません。プログラムのインストール中またはシステムの変更中に他のユーザーがアクション権限の通知を受け取った場合、このアカウントでは一部のアクションを実行する権限の通知が表示されないためです。緊急時の1回限りのアクションには、組み込みの管理者を使用することをお勧めします。

Windowsの起動時に組み込みの管理者アカウントを有効(無効)にする

ビルトイン管理者アカウントを有効にするだけで、管理者権限を持つユーザーとしてログインできる場合は、この方法をスキップして、Windows自体から実行される以下の方法に進みます。

1.起動時に表示される追加の起動オプションが必要です。Windowsに移動して、追加のパラメーターで再起動を有効にできないと仮定します。

  • コンピュータの電源ボタンがオフになるまで押し続けます。
  • 電源ボタンを押してオンにすると、Windowsが起動を開始します。電源ボタンがオフになるまで押し続けます。だから、それを数回行います。3回目以降のどこかでコンピュータの電源を入れるだけです=>「自動リカバリ」が表示されます=>「詳細オプション」を選択します

2. [トラブルシューティング]を選択します。

3. 「追加パラメーター」に進みます。

4. [コマンドライン]を選択します(アカウントのパスワードを要求されたためにコマンドラインを開始できないが、それがわからない場合-記事の冒頭で説明したリカバリディスクを使用してすべてを実行します。ウインドウズ10);

5.入力し  regeditコマンドを入力し、Enterを押します=>開くレジストリエディタで、HKEY_LOCAL_MACHINEにクリックを残しました。

6.左上の「ファイル」に移動し、「ハイブのロード」を選択します。

7.システムドライブを開いて、\ Windows \ System32 \ config \フォルダーに移動する必要があります。CドライブにWindowsフォルダーがあったとしても、コマンドラインを介して別のドライブに置くことができます。それはディスクEにあります。つまり、私はEに行ったことが判明しました:\ Windows \ System32 \ config \

8. config フォルダーでSAM ファイルを選択し、[開く]をクリックします。

9.開いたウィンドウで、REM_SAM と書き込み  、[OK]をクリックします。

10. レジストリエディターで、  HKEY_LOCAL_MACHINE \ REM_SAM \ SAM \ Domains \ Accounts \ Users \ 000001F4セクションに 移動し、マウスの左ボタンをダブルクリックしてパラメーターを開きます(下図を参照)。

11.0038に移動し、1110に変更 して、[OK]をクリックします

12.レジストリエディターとコマンドラインを閉じ、表示されたウィンドウで[続行]をクリックします。

これでWindows 10が起動しました。管理者アカウントでログインできます。

将来、ビルトインAdministratorアカウントを無効にする必要がある場合は、10ではなく11をインストールする必要があります。

ローカルユーザーとグループの組み込み管理者アカウントを有効(無効)にする

このオプションは、Windows 10のProfessionalおよびEnterpriseエディションでのみ使用できます。

1. Win + Rキーを押して、表示されるウィンドウでlusrmgr.mscコマンドを実行します(検索バーにコマンドを  書き込んで、見つかった結果から選択することもできます)。

2. 左側で、「ユーザー」を選択します=>中央のペインで、マウスの左ボタンをダブルクリックして「管理者」を選択します。

3.ここで、ビルトイン管理者アカウントを有効にすることができます。[アカウントを無効にする]ボックスをオフにして、[OK]をクリックします。

また、ビルトインの管理者アカウントにパスワードを設定する場合は、それを右クリックして[パスワードの設定]を選択し、新しいパスワードを2回入力して[OK]をクリックします。

今後、管理者アカウントを無効にする場合は、上記の手順1と2を実行し、開いたウィンドウで[アカウントを無効にする]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。

コマンドラインでビルトイン管理者アカウントを有効(無効)にします

この方法は、Windows 10のすべてのバージョンで使用できます。

1.コマンドラインを開きます。1 つの方法は、[スタート]メニューを右クリックして[コマンドライン(管理者)]を選択することです。

2.ビルトイン管理者アカウントを有効にするには、net user administrator / active:yes コマンドを実行して  Enterキーを押します。「コマンドは正常に完了しました」と表示されます。これは、管理者が有効になっていて、コマンドラインを閉じることができることを意味します。

ビルトイン管理者アカウントのパスワードを有効にして設定する(または変更する)場合は、コマンドnet user administrator password / active:yesのみを実行し  ます。「password」の代わりに作成したパスワードを書き込んで、Enterキーを押します。

将来、組み込みの管理者アカウントを無効にする場合は、コマンドラインでnet user administrator / active:noコマンドを実行し  ます 

目的のコマンドを実行した後、コマンドプロンプトを閉じます。

ローカルセキュリティポリシーで管理者アカウントを有効(無効)にする

Windows 10のプロフェッショナルバージョンとコーポレートバージョンでのみ使用できる別の方法。

1.検索バーからsecpol.msc を  見つけ、見つかった結果から選択します(Win + Rキーを押して、開いたウィンドウにコマンドsecpol.mscを入力することもできます)。

2.エラーが表示された場合は、それをスキップして[OK]をクリックし、作業を続けることができます(今後表示されないように修正することもできます)。

3.左側で、[ローカルポリシー] => [セキュリティ設定] =>を選択し、マウスの左ボタン[アカウント:アカウントステータス管理者]をダブルクリックして検索して開きます。

4. [有効]チェックボックスをオンにしてビルトイン管理者アカウントを有効にし、[OK]をクリックしてすべてのウィンドウを閉じます。

将来、ビルトイン管理者アカウントを無効にする必要がある場合は、最初から3番目のポイントまでの指示に従ってください=> [無効]ボックスをオンにして[OK]をクリックし、すべてのウィンドウを閉じます。

他の方法を知っている場合や追加がある場合、今日はこれですべてです。がんばって🙂