Windows 10でロック画面がオフになる前のタイムアウトを変更する

(Win + Lキーを押して)コンピューターをロックすると、何もしないとロック画面が表示され、1分後に画面が空白になります。今日の記事では、Windows 10のロック画面でディスプレイがオフになるまでのアイドル時間を変更する方法について説明します。

コマンドラインでロック画面がオフになる前のタイムアウトを変更する

1.コマンドラインを開きます。 検索バーにcmdと入力してEnterキーを押す方法があります  。

2.コンピューターがオンラインのときにロック画面オフになるまでのタイムアウトを変更するには、コマンド  powercfg / SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_VIDEO VIDEOCONLOCK secondsを入力します  (秒をシャットダウンまでの秒数に置き換えます)。バッテリー電源でロック画面オフになる前のタイムアウトを変更するには、powercfg / SETDCVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_VIDEO VIDEOCONLOCK secondsコマンドを使用します  (秒をシャットダウンまでの秒数に置き換えます)。

電源オプションでロック画面がオフになるまでの待機時間を変更する

1. マウスの右ボタンで[スタート]メニューをクリックし、[実行]を選択します(またはキーボードのWin + Rキーを押します)=>コマンド  control powercfg.cpl ,, 1を入力し、Enterキーを押します。

2. [画面]に移動し、[コンソールのロック画面がオフになるまでの待機時間]を開きます(この項目が表示されない場合は、最初の手順に従ってください)=>必要に応じて時間を変更し、[OK]をクリックします。

他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!がんばって🙂