Windows 10でファイル履歴を保存するドライブを選択する方法

ファイル履歴を有効にして使用を開始する前に、まずバックアップを保存するドライブを選択する必要があります。内蔵ハードドライブ、接続された外付けドライブに保存するか、ネットワーク上のドライブに保存するかを選択できます。バックアップストレージとして選択されたドライブが使用できなくなった場合、ファイル履歴は引き続き機能し、コピーをローカルドライブのキャッシュに保存します(%localappdata%\ Microsoft \ Windows \ FileHistory \ Data)。バックアップストレージが再び利用可能になるとすぐに、キャッシュされたコンテンツはこのストレージに転送され、ローカルディスクから削除されます。今日は、Windows 10でファイル履歴を保存するドライブを選択する方法を見ていきます。

システムパラメータにファイル履歴を保存するディスクを選択

1.  [スタート]メニューを開き、[設定](Win + I)に移動します。

2. [更新とセキュリティ]に移動=> [バックアップサービス] => [ファイル履歴を使用してバックアップ]の横にある[+ディスクを追加]をクリックします。

3.目的のドライブを選択します。

4.ドライブを選択すると、ファイル履歴が自動的にオンになります。

システムオプションでファイル履歴を保存するためのディスクを変更する

1.  [スタート]メニューを開き、[設定](Win + I)に移動します。

2. [アップデートとセキュリティ] => [バックアップサービス] => [その他のオプション]をクリックします。

3. [ディスクの使用を停止]をクリックします。

4.最初のオプションの手順に従います(つまり、「アーカイブサービス」に移動し、「ディスクの追加」をクリックします)。

コントロールパネルでファイル履歴を保存するドライブを選択または変更する

1.  「コントロールパネル」を開きます

2.  ビューを「小さいアイコン」に変更し、「ファイル履歴」に移動します。

3.「ディスクの変更」をクリックします。

4.目的のドライブを選択し、[OK]をクリックします。

今日はこれですべてです。頑張ってください🙂