Microsoft Office 2013および2016のPicture Manager

Microsoft Office 2013および2016のPicture Manager

Office 2007の代わりにOffice 2016を自分のコンピューターにインストールしましたが、すべて問題ありませんが、画像マネージャーがないか、Microsoft Picture Managerとも呼ばれています。今日の記事では、Office 2013および2016で画像マネージャーを追加する方法を紹介します。このアプリケーションは、画像の圧縮、トリミング、赤目除去に非常に優れており、写真を回転させたり、さまざまなアクションを実行したりできます。Office 2013および2016にPicture ManagerをインストールするPicture ManagerをOffice 2013および2016にインストールするには、古いOfficeインストールパッケージ2003、2007、または2010が必要です。Officeスイート(2003、2007、または2010)のインストールフォルダーからSetup.exeを実行するだけです。古いバージョンのOfficeのインストールディスクがない場合は、以下をダウンロードできます。Microsoft SharePoint Designer 2010(32ビット)Microsoft SharePoint Designer 2010(64ビット)Office 2003、2007、または2010のインストールフォルダからダウンロードしたファイルまたは

続きを読む

Word / Excel 2016-2007で自動保存を有効にする方法

Word / Excel 2016-2007で自動保存を有効にする方法

システムクラッシュや突然の停電が発生した場合、Word \ Excelドキュメントを保存する時間がなかったため、数時間の作業が失われる可能性があります。自動保存はMicrosoft Officeの便利な機能で、作業中のドキュメントを定期的に自動的に保存します。今日の記事では、WordまたはExcel 2016、2013、2010、2007で自動保存を有効にする方法について説明します。1. WordまたはExcelを開く=>左上の「ファイル」をクリックします。2.  [オプション]に移動します(WordまたはExcel 2007をお持ちの場合-[オプションWord \ Excel]をクリックします)3.  左側で、[保存]をクリックします=> [すべて自動保存]の前のボックスをオンにします=> [保存せずに最後の自動保存バージョンを保持する]の前のボックスをオンにします。[自動保存間隔]の横で、自動保存の期間を設定します。4.左側で[詳細設定]に移動します=>右側で、[バックグラウンドでの保

続きを読む

Excelのテキストを複数のセルから1つのセルに結合する方法

Excelのテキストを複数のセルから1つのセルに結合する方法

複数のセルのテキストを1つに結合する必要がある場合があります。これを行うのは非常に簡単です。今日の記事では、その方法について説明します。Excelでは、多くの機能の中に「連結」があり、その助けを借りて複数のセルのテキストを結合します。1.他のセルのテキストを結合するセルを選択します。次のように入力し始めます:  = CONCATENATE(2.マウスの左ボタンで結合する最初のセルを選択し、Ctrlキーを押しながら2番目のセルを選択します。目的のセルを選択したら、Enterキーを押します。また、マウスでセルを選択する代わりに、「= CONCATENATE(」の後にセミコロンで区切られた目的のセルを追加できます。たとえば、セルB1とA1のテキストを組み合わせる場合は、

続きを読む

Word文書にヘッダーとフッターを追加する方法

Word文書にヘッダーとフッターを追加する方法

ヘッダーとフッターは、日付、ページ番号、ファイル名などの追加に役立ちます。Wordでは、既製のレイアウトからヘッダーやフッターを追加したり、独自のレイアウトを作成したりできます。Word 2016を使用してこの機能を紹介しました。ヘッダーとフッターを追加するには、[挿入]タブをクリックします。タイトルを追加することから始めましょう。これを行うには、[挿入]タブで[ヘッダーとフッター]セクションを探し、[ヘッダー]ボタンをクリックします。開いたメニューに既製のヘッダーレイアウトが表示されます。下にスクロールして既製の見出しオプションをすべて表示し、リストから自分に合った見出しを選択します。ヘッダースペースが破線とヘッダーラベルで強調表示されます。ほとんどの既製のレイアウトには独自のテキストが含まれていますが、編集して必要なものを印刷できます。ヘッダーとフッターを編集するときは、本文を操作できないことに注意してください。編集が終わったら本文に移動します。また、ヘッダーとフッターを追加した後に表示される追加の「デザイン」タブに気づいたはずです。独自のヘッダーを作成したら、安全にフッターの設定に進むことができます。これを行うには、[デザイン]タブの[遷移]セクションで、[フッターに移動]をクリックします。既製のレイアウトを使用してページ番号のフッターを使用することも、自分で行うこともできます。

続きを読む

Microsoft Wordのページでテキストを垂直方向に中央揃えにする方法

Microsoft Wordのページでテキストを垂直方向に中央揃えにする方法

レポートのカバーページを作成する必要がありますか?水平方向と垂直方向の両方に配置することで、非常に簡単かつ効率的に作成できます。テキストを水平方向に中央に揃えることは難しくありません。これを行うには、目的のテキストを選択し、[段落]タブの[ホーム]メニューで[中央]ボタンをクリックします。しかし、垂直方向の中央揃えでそれは簡単ですか?それも簡単です。今日の記事では、その方法を説明します。タイトルページを揃える前に、それを残りのテキストから分離する必要があります。これは、テキストを垂直方向に中央揃えにする唯一の方法です。別のページに配置するテキストの前にカーソルを置き、トップメニューで[挿入]タブをクリックして[ページ]を選択し、[改ページ]をクリックします。タイトルページに必要なテキストを取得したら、=>表紙の任意の場所にカーソルを置き、[レイアウト]メニュータブに移動します。[ページ設定]セクションで、右下隅をクリックします。表示される[ページ設定]ウィンドウで、[用紙ソース]タブを選択します。[ページ]セクションで、[垂直方向の配置]をクリックし、[中央揃え]を選択します。これで、タイトルページのテキストは、ページに対して垂直方向の中央に配置されます。テキストの中央揃えは、ビジネスレターなどの小さなテキストドキュメントや、最小限のテキストを含むその他のドキュメントを作成すると

続きを読む

Excelスプレッドシートを1ページに印刷する方法

Excelスプレッドシートを1ページに印刷する方法

Excelは、スプレッドシートを作成するための非常に便利なプログラムであり、さまざまな計算やレポート作成のための多くの機能があります。しかし、時々、大変な作業の後、10枚の理想的な表が出てきますが、すべてを1枚に収める必要があります。幸いなことに、このプログラムには、スプレッドシートをカスタマイズしてすべてを1つのページにまとめ、できるだけ完璧に見えるようにする機能があります。スプレッドシートが1ページに対して大きすぎる場合は、これらの設定を使用して、スプレッドシートを複数のページにきれいに分散できます。印刷する前にプレビューこれは重要な機能です。これを使用しないと、すべてを印刷する必要がなく、多くの時間と紙を費やしながら、シートでのテーブルの外観を確認するだけです。プレビューを使用すると、印刷されたドキュメントがどのように表示されるかを確認できます。この段階では、さまざまな変更を加えてすべてをより見栄えよくすることができます...残念ながらExcelはその構造を変更しており、バージョンが異なるとプレビューをさまざまな方法で入力する必要があります。ファイル=>印刷=>プレビュー。またはfile => printとすると、テーブルがどのようになるかがわかります。すべてがあなたに合っている場合は、先に進んでドキュメントを印刷してください。そうでない場合は、以下の戦略のいず

続きを読む

Microsoft Wordでブックマークを使用する方法

Microsoft Wordでブックマークを使用する方法

長いWord文書で作業する場合、ブックマークを使用して、テキスト内の目的の項目にすばやくジャンプできます。本を読むときは、ブックマークを使用して目的の場所をマークします。Word文書でも同じことができます。Wordのブックマークはコードです。それらは不可視であり(可視にしない限り)、印刷されません。この機能はWord 2007、2010、2013、2016にも同じように適用されます。ブックマークを特定の場所に挿入するには、この場所にカーソルを置くか、目的のテキストを選択して[挿入]タブをクリックします。次に、「リンク」メニューの「ブックマーク」をクリックします。表示されたウィンドウでブックマークの名前を入力し、[追加]ボタンをクリックします。選択したテキストを説明する名前を使用することをお勧めします。これは、各ブックマークの背後にあるテキストを思い出すのに役立ちます。たとえば、「Bookmark1」という名前を使用しました。ブックマークはデフォルトでは表示されません。それらをテキストで表示するには、[ファイル]タブ=> [オプション]をクリックします。左側のダイアログボックスで、[詳細設定]ボタンを探します。右側のリストで、[ドキュメントのコンテンツを表示]セクションまでスクロールし、[ブックマークを表示]にチェックを入れて[OK]をクリックします。カーソルをブックマークの適切な

続きを読む

ドロップダウンリストをExcelセルに追加する方法

ドロップダウンリストをExcelセルに追加する方法

さまざまなケースで、Excelセルにドロップダウンリストを追加できると便利な場合があります。今日の記事では、その方法について説明します。1.セルを作成するExcelスプレッドシートをドロップダウンリストで開きます。ドロップダウンリストの値のリストは、最初にどこかに書き込む必要があります。同じシートに書き込みますが、はるか下にあるか、追加のシートを作成して(この例で行うように)、そこに値を書き込んでドロップダウンリストを作成します。下部の「+」をクリックして、別のシートを追加します。2.作成されたシートを開く(マウスの左ボタンでクリックする)=>列の任意の場所で、リストに必要な値を入力し始めます。たとえば、最初の列から開始して、最初の行から開始します(任意の列で開始でき、任意の行から開始できます)、各セルに必要な値を入力します(ドロップダウンリストに表示されます)3.すべての値を入力したら、データを含むセルを選択します(マウスを使用するか、Shiftキーを押しながら矢印を必要な方向に移動します)。データを含むセルが選択されている場合-上記で、選択したセルの範囲の名前を入力し、Enterキーを押します(図を参照)この例では、「Price」という名前を入力してEnterキーを押します。4.シートを開き、ドロップダウンリストを追加するセルを選択=>トップパネルで[データ]を選択=&

続きを読む

Excelでハイパーリンクを簡単に見つけて削除する方法

Excelでハイパーリンクを簡単に見つけて削除する方法

膨大な数のハイパーリンクを含むExcelスプレッドシートがあり、それらの一部を特定の単語で削除する必要がある場合、またはすべてを削除したい場合は、今日の記事で簡単に行う方法を説明します。つまり、今日はExcelスプレッドシート内のすべてのハイパーリンクを検索して削除し、特定の単語を含むハイパーリンクも検索して削除するだけです。すべてのExcelハイパーリンクを削除する(簡単な方法)Excelテーブルのすべてのハイパーリンクを一度に削除する最も簡単な方法は、Ctrl + Aキーを使用するか、左上の三角形をクリックして、テーブル全体を選択することです。次に、シートの任意の場所を右クリックして、[ハイパーリンクを削除]を選択します。次に、シート上のすべてのハイパーリンクが削除されます。Excelでハイパーリンクを検索して削除するExcelですべてのハイパーリンクを検索し、次に何を削除するかを選択する場合は、Ctrl + Fを押す か、上のメニューで「検索」虫眼鏡を見つけてクリックします。「検索と置換」ウィンドウが開きます=>「オプション」をクリックします「フォーマット」の横にある矢印をクリックし、「セルからフォーマットを選択」を選択しますハイパーリンクのあるセルを選択すると、指定した検索形式のセルが[検索と置換]ウィンドウに表示されます「すべて検索」をクリックすると、見つかっ

続きを読む

破損したWord 2016文書を修復する方法

破損したWord 2016文書を修復する方法

最近、妻に非常に貴重な情報が含まれたドキュメントがdoc形式で送信されました。ドキュメントを開くと、「Wordアプリケーションでドキュメントを読み取ることができませんでした。破損している可能性があります。」そのような場合はどうしますか?今日の記事では、破損したWord文書を復元する方法について説明します。破損したWord文書からテキストを復元する上記のように、ドキュメントが破損している場合、「Wordはドキュメントを読み取れませんでした。破損している可能性があります。」というエラーが表示されます。また、以下のリカバリオプションが提供されます。「コマンドを使用してファイルを開く」を開いて復元し、「バックアップコンバータを使用してファイルを開きます」。Wordを開く=>左上の「ファイル」に移動左側の列で[開く]を選択し、右側の列で[参照]をクリックします。開いたときに破損していると表示されているファイルを見つけて選択する=> [すべてのファイル]フィールドで、ドロップダウンメニューから[任意のファイルからテキストを復元]を選択します。復元するファイルを選択し、[任意のファイルからテキストを復元]を選択した場合-[開く]をクリックしますその結果、破損したファイルが開いてその内容が表示され、必要な場所に任意の名前で保存されます。破損したWord文書を復元する2番目の方法最初の方法が

続きを読む

Office WordおよびExcel 2016/2019のデフォルトフォントを変更する方法

Office WordおよびExcel 2016/2019のデフォルトフォントを変更する方法

Office 2007以降、WordとExcelはデフォルトのフォントとしてCalibriを使用しています。ドキュメントまたはスプレッドシートを読みやすくするために、デフォルトのフォントスタイルを変更し、フォントサイズを調整できます。今日は、Office WordとExcel 2016/2019のデフォルトフォントを簡単に変更する方法を見ていきます。Wordのデフォルトのフォントを変更する1. Wordを使用してドキュメントを開く=>リボンメニューの[ホーム]タブに移動=> [フォント]セクションの右下隅にある矢印アイコンをクリックします(図を参照)。2.デフォルトのWord文書に使用するフォント、サイズ、スタイル、その他のパラメータを選択し、[デフォルト]をクリックします。3.「Norm.dotmテンプレートに基づくすべてのドキュメント」の横にドットを配置します。「OK」をクリックします。これで、Wordで作成されたすべての新しいドキュメントは、選択したデフォルトのフォントを使用します。Excelのデフォルトのフォントを変更

続きを読む

ExcelとGoogleスプレッドシートで重複を削除する方法

ExcelとGoogleスプレッドシートで重複を削除する方法

大きなExcelスプレッドシートがあり、誤って入力しただけの同じ値が多数ある場合は、それらをすばやく見つけて削除できます。今日の記事では、ExcelとGoogleスプレッドシートで重複を削除する方法について説明します。Excelで重複を削除するドキュメント全体で同じ行を見つけて削除する場合は、Excelスプレッドシートを開きます。[データ]タブをクリックし、[データの操作]で[重複を削除]をクリックします。表示されるウィンドウで、重複を検索するためのすべての列が選択されています。重複を検索する必要がない列をオフにすることもできます。テーブルの1つの列に多くの重複する値がある場合がありますが、重複を検索するために1つの列のみを選択した場合、行は他の列を犠牲にして互いに異なります-重複する値を行と一緒に削除できますが、行は異なります...たとえば、私のテーブルには多くの検出器があり、それらは異なるオブジェクトに配置されており、価格は異なります。重複検索ですべての列を選択すると、完全に同一の行のみが検出されます(同じ在庫、同じ価格の複数の検出器など)。そして、販売されたものの名前で3番目の列のみを選択した場合、検出器は1つだけ残ります(残りは削除されます)。そしてそれは私がする必要があったものではありません。したがって、重複する値を削除する場合は、すべての列を選択することをお勧めします。 「

続きを読む

Word文書の箇条書きをカスタマイズする方法

Word文書の箇条書きをカスタマイズする方法

デフォルトでは、箇条書きリストを作成するときに標準の箇条書きが使用されますが、必要に応じて、箇条書きの記号と色の両方を変更できます。Word 2016を使用してこの機能を紹介しました。箇条書きを作成するには、目的のテキストを選択し、[ホーム]タブの[段落]セクションで[マーカー]ボタンをクリックします。マーカーライブラリには、いくつかの種類のシンボルが表示されます。カーソルを各マーカーの上に順番に移動するだけで、それらがドキュメント内でどのように表示されるかを確認できます。リストが気に入ったら、マウスの右ボタンでクリックしてください。リストの記号が気に入らない場合は、別の記号を使用できます。「新しいマーカーを定義する」という項目を選択します。ダイアログボックスで、「シンボル」ボタンをクリックします。表示されるウィンドウにさまざまなシンボルが表示されます。さらに表示するには、[フォント]セクションをクリックして、任意のスタイルを選択します。各スタイルには独自のシンボルがあります。適切なシンボルを見つけたら、それを右クリックし、[OK]ボタンをクリックします。新しいシンボルを含む画像は、[新しいマーカーの定義]ダイアログボックスに既に表示されています。[新しいマーカーの定義]ダイアログボックスの[フォント]ボタンをクリックして、選択したシンボルの色を変更することもできます表示されるメニュー

続きを読む

保存されていないMicrosoft Officeファイルを復元する方法

保存されていないMicrosoft Officeファイルを復元する方法

ドキュメントを閉じて、誤って[保存しない]をクリックしましたか?または、なんらかの障害が発生してコンピューターが再起動し、「保存」をクリックする時間がありませんでしたか?これは、ドキュメントが永久に失われることを常に意味するわけではなく、作業を取り戻す機会がまだあります。今日の記事では、ドキュメントを復元する方法を検討しますが、これは100%オプションではありませんが、それでも試してみませんか?非常に頻繁に彼はそのような場合に保存します。保存されていないOfficeファイルを復元する方法手順はWord 2016の例に従って記述されており、すべてのアクションはExcel、PowerPointファイルで同様であり、すべてのアクションは他のバージョンのOfficeでも同様です。目的のアプリケーションで、「ファイル」に移動します「詳細」を選択ドキュメントに変更を加え、閉じるときに[保存しない]をクリックした場合、おそらく[ドキュメント管理]の下に、変更が保存されていない必要なドキュメントがあります。クリックして保存するのを忘れた変更を含むドキュメントが目の前に開き、上部に「復元」が表示されるか、この単語をクリックするか、他の方法でドキュメントを保存します。第二:同じ「情報」で「ドキュメント管理」をクリックすると、「保存されていないドキュメントを回復する」=>「回復...」をクリックするよ

続きを読む

Excelでシートを非表示にする方法

Excelでシートを非表示にする方法

Ecxelでは、基本的な情報を1つのシートに表示し、追加情報を他のシートに表示して、非表示にすることができます。今日は、Excelでシートを非表示にする方法のクイックガイドを見ていきます。シートを非表示にするExcelブックを開き、非表示にするシートを右クリックして、表示されるメニューから[ 非表示]を選択します。非表示にするすべてのシートについて、これらの手順を繰り返します。ご覧のとおり、シートを非表示にするのにかかる時間は2秒以内です。すべてのシートを完全に非表示にすることはできません。最後のシートを非表示にしようとすると、「ブックには少なくとも1つの表示可能なシートが含まれている必要があります。選択したシートを非表示、削除、または移動するには、まず新しいシートを挿入するか、非表示のシートを表示する必要があります。」というエラーが表示されます。非表示のシートを表示するには、シートを右クリックして、表示されるコンテキストメニューから[ 表示 ]を選択する必要があります。リストから非表示のシートを選択し、[OK]をクリックします。なんらかの理由でブック全体を非表示にする場合は、[ 表示 ]タブに移動して[ 非表示 ] (ウィンドウを非表示)を選択します。 隠れた後、本全体を表示するには、「に進ん表示」タブと「選択表示」(ショーウィンドウ)。リストから非表示の本を選択し、[OK

続きを読む

Microsoft Officeアップロードセンターアイコンを無効にする

Microsoft Officeアップロードセンターアイコンを無効にする

アップロードセンターはMicrosoft Office 2010で追加され、Office 2013および2016でも引き続き利用できます。OneDriveにアップロードされたドキュメントを管理するために使用できます。クラウドストレージに大量のドキュメントをアップロードする場合は、アップロードセンターが便利ですが、ドキュメントをまったくアップロードせず、タスクバーの通知領域にこのアイコンが必要ない場合は、簡単に削除できます。通知領域からMicrosoft Officeアップロードセンターを無効にするには-右クリックして[オプション]を選択しますダウンロードセンターのさまざまなオプションが表示されます。[表示オプション]の項目で、[通知領域にアイコンを表示する]をオフにする必要があります。その後、[OK]をクリックすると、このアイコンはパネルに表示されなくなります。通知領域にアップロードセンターアイコンが必要であるが、表示されないようにする場合は、[スタート]に移動=> [すべてのアプリケーション] => [Microsoft Office 2016ツール]を探して開きます=> [Office 2016アップロードセンター]を選択します2つのギアを探して開きます「通知領域にアイコンを表示する」ボックスにチェックを入れます=>「OK」をクリックします。これらの手順が完

続きを読む

Word文書に透かしを挿入する方法

Word文書に透かしを挿入する方法

アンダーレイは、ドキュメントのテキストの背後に表示される、色あせた背景画像です。今日は、Word文書に透かしを挿入する方法について説明します。Wordに透かしを挿入する  透かしを挿入するWord文書を開き、[デザイン] => [透かし]をクリックして、適切な組み込み透かしを(クリックして)選択します。  組み込みの透かしが機能しない場合は、[デザイン] => [透かし] => [カスタム透かし]をクリックします。テキストの背景が必要な場合は、[テキスト]の横にドットを挿入=>言語、フォント、色、サイズ、テキストの方向を選択し、背景自体のテキストを入力して、[OK]をクリックします。グラフィックの背景が必要な場合は、「画像」の近くに点を置き、「選択」をクリックします。「参照」をクリックして、画像を探す場所を選択します。目的の画像を選択し、[挿入]をクリックします。希望のスケールを選択し、色を削除して(必要な場合)、[OK]をクリックします。マットを移動またはサイズ変更マウスの左ボタンをダブルクリックしてページの最上部をクリックすると、ヘッダーとフッターの領域が表示され、透かしを目的の場所にドラッグ(またはサイズ変更)できます。背景を削除マウスの左ボタンをダブルクリックしてページの最上部をクリックし、背景を選択してキーボードのDeleteキーを

続きを読む

古いバージョンのWordでWord 2013文書を開く方法

古いバージョンのWordでWord 2013文書を開く方法

Wordの新しいバージョンごとに、以前のバージョンでは利用できなかった新機能が提供されます。Office 2007以降、ファイルはdocx形式で保存され、古いバージョンのWord(2007リリースより前)はこの形式では機能しません。しかし、古いバージョンのOfficeを使用している人にこのファイルを渡す必要がある場合はどうでしょうか。古いバージョンのWordで新しいバージョンのWordでファイルを保存する新しい形式に変換するドキュメントを開き、左上の[ファイル]をクリックします。左側で、[名前を付けて保存]をクリックし、ファイルを保存する場所を選択します。「最近のフォルダー」、つまりドキュメントが最近保存された場所を選択するか、「参照」ボタンをクリックしてコンピューター上の新しい場所を選択し、ファイルを保存することができます。「ファイルの種類」フィールドで保存場所を選択します。「Word 97-2003ドキュメント」を選択します。ファイル名を変更できます(必要に応じて)=> [保存]をクリックします。「Microsoft Word互換性チェッカー」で「続行」をクリックします。古い形式で保存するたびにこのウィンドウが表示されないようにするには、[ドキュメントを保存するときに互換性を確認する]チェックボックスをオフにします。結果のドキュメントにdoc拡張子が付いたものは、古いバージョ

続きを読む

Word、Excel、PowerPoint 2016でデフォルトの保存形式を変更する方法

Word、Excel、PowerPoint 2016でデフォルトの保存形式を変更する方法

以前のバージョンのOfficeでは、ドキュメントの保存にdoc、xls、ppt形式を使用していましたが、Office 2007の登場後、形式はdocx、xlsx、pptxに変更されました。これらの変更後、新しい拡張子でドキュメントを開くために、古いオフィスのユーザーは新しいものに切り替えるか、新しい形式を古いものに変換するアドオンをインストールする必要がありました。別のオプションは、新しいWord、Excel、PowerPointを使用しているユーザーが、古いバージョンのオフィスのユーザーとこのドキュメントを共有する場合に、古い拡張子のファイルを保存することです。ただし、古いバージョンのオフィスのユーザーとドキュメントを共有する必要がある場合は、デフォルトの形式を変更して、すべての新しいWord、Excel、PowerPointドキュメントを保存できます。ExcelおよびPowerPoint 2016で変更を行うのと同じ方法で、Word 2016を例として使用して、ドキュメントのデフォルトの保存形式を変更する方法を示します。Wordを開く=>「ファイル」に移動開いたメニューで、「オプション」を選択します開いたウィンドウの左側で、[次の形式でファイルを保存]の反対側にある[保存]を選択し、リストを開いて[Word 97-2003ドキュメント(* .doc)]を選択します=>

続きを読む

古いWord文書を新しいWord形式に変換する方法

古いWord文書を新しいWord形式に変換する方法

以前のバージョンのMicrosoft Wordでは、ドキュメントを保存するためのデフォルトのファイル形式として.docファイル形式を使用していました。新しいバージョンのWordは.docxファイル形式を使用します。今日は、さまざまな方法で.docドキュメントを.docxに変換する方法を見ていきます。以前、以前のバージョンのMicrosoft Wordでdocxドキュメントを開く方法を確認しました。Microsoft Word Infoでドキュメントをdocx に変換する1.変換したいWord文書を右クリック=>「アプリケーションから開く」を選択=>「Word」2.「ファイル」に移動します。

続きを読む

Wordで表のすべてまたは一部を選択する方法

Wordで表のすべてまたは一部を選択する方法

Excelだけでなく、テーブルもあるだけでなく、さまざまな計算やさまざまな操作を行うことができます... Wordでテーブルを操作することもできます。 今日の記事では、Wordの表でセル、行、列、または複数の行と列を選択する方法について説明します。 単一のセルを選択するセルを選択するには-カーソルが黒い矢印に変わるまでカーソルを左側に移動します。次に、セルを選択します-この場所のセルをクリックします。個々のWordセルを選択するキーボードのみを使用してセルを選択する場合は、セル内の任意の場所にカーソルを置き、Shiftキーを押しながら、セルが完全に選択されるまで右矢印キーを押す必要があります。個々のWordセルを選択する行または列の選択テーブルの行を選択するには、カーソルをテーブルの左側、行の先頭に近づけます。カーソルが上向きの右向きの白い矢印に変わります。ここをクリックして行全体を選択します。複数の行を選択する必要がある場合は、最初の行をクリックしたときに、カーソルを少し下にドラッグします。表のこの時点で行を追加するために、「+」記号が表示されます。Wordで行または列を選択するマウスを使用して、隣接していない複数の線を選択することもできます。これを行うには、最初の必要な行を選択し、Ctrlキーを押したまま、それを離さずに、マウスで残りの必要な行を選択します。Wordで行または列を選

続きを読む

OfficeでドキュメントとPDFをパスワードで保護する方法

OfficeでドキュメントとPDFをパスワードで保護する方法

Microsoft Officeでは、ドキュメントとPDfファイルを暗号化できます。これにより、パスワードでドキュメントを保護することができます。つまり、ドキュメントにパスワードを設定すると、それなしでは誰もそれを開くことができません。今日の記事では、ドキュメントとPDFファイルをパスワードで保護する方法を紹介します。手順はOffice 2016で作成されましたが、Officeの他のバージョンでも機能します。ドキュメントをパスワードで保護することはどれくらい安全ですか?以前は、Office 95からOffice 2003まで、暗号化スキームは非常に弱く、パスワードクラッキングソフトウェアで簡単に回避できました。Office 2007以降、Microsoftはセキュリティをより真剣に考え、Advanced Encryption Standard(AES)に移行しました。これで、ドキュメントにパスワードを設定すると、パスワードを解読することが非常に難しくなり、理論的にはドキュメントは完全に安全になります。ドキュメント保護では、パスワードを設定してドキュメントを編集できます。つまり、パスワードを持たないユーザーはドキュメントを表示できますが、編集はできません。このタイプの保護は、簡単に侵害されて削除される可能性があります。したがって、パスワードを設定する場合は、ドキュメント全体に対してパスワ

続きを読む

Wordでドキュメントの詳細プロパティを設定する方法

Wordでドキュメントの詳細プロパティを設定する方法

Wordは通常、作成者、作成日、件名、メモなど、ドキュメントの追加のプロパティをいくつか保存します。これらのプロパティの一部は、[情報]メニューで変更および検索できます。[ファイル]タブをクリックして、ドキュメントプロパティを変更するためのダイアログボックスを開きます。次に、左側のメニューから「情報」を選択します。右側の「プロパティ」をクリックし、リストから「追加のプロパティ」を選択します。注:追加のドキュメントプロパティを開いて、コンテキストメニューから表示および編集できます。つまり、ドキュメントを右クリック=>プロパティを選択=>詳細タブWordでドキュメントの詳細プロパティを設定する方法表示されるダイアログボックスには、ドキュメントに関するすべての追加情報が含まれています。このウィンドウの[ドキュメント]タブをクリックすると、情報を変更できます。Wordでドキュメントの詳細プロパティを設定する方法「タイトル」、「作成者」、「会社」、「キーワード」などのプロパティを変更すると、タグはこのドキュメントを見つけやすくするために使用されます。Wordでドキュメントの詳細プロパティを設定する方法必要な情報をすべて入力したら、[OK]をクリックします。プロパティにはドキュメントに関する新しい情報が含まれ、キーワードはタグとして表示されますWordでドキュメントの詳細プロパティを設

続きを読む

Officeの自動保存間隔を変更する

Officeの自動保存間隔を変更する

すべてのOfficeアプリケーションには、指定した時間が経過するとドキュメントを自動的に保存する機能があります。必要に応じて自動保存の時間を変更したり、Officeで自動保存をオンまたはオフにしたりできます。今日の記事では、自動保存を有効にする方法と、Word、Excel、PowerPointなどで自動保存時間を変更する方法について説明します。1.自動保存時間を変更するOfficeアプリケーションを開きます。左上の[ファイル]をクリックします。2. 「オプション」に移動します。3.左側で、[保存]をクリックして自動保存を有効にします。[自動保存の間隔]の前にあるチェックボックスをオンにします(無効にするには、チェックボックスをオフにします)。[自動保存間隔]の横に自動保存の期間を設定し、[OK]をクリックします。他の方法を知っているなら、今日はこれですべてです-コメントを書いてください!あなたに幸せiness

続きを読む